topimage

「歌枕直美音楽教室の卒業生Part.2」 - 2018.04.23 Mon

「歌枕直美音楽教室の卒業生Part.2」
4月21日に梅田の老舗ジャズライブハウス、ロイヤルホースで歌枕直美音楽教室の卒業生、歌枕美和さんのコンサートがありました。
今回で4回目の出演でしたが、中高年のお客様が多数応援してくださっているのが印象的でした。プログラムも平成生まれの美和さんが知らないと思われる世界中の名曲を歌われました。
前回のコンサートでヘンリーマンシーニの「ムーンリバー」を歌い、お客様からリクエストされた同じくヘンリーマンシーニの「ひまわり」を第一部の最後で歌われました。映画の最後に映し出されるまわり畑、ひまわりの明るさがいっそう切なさを表現している、その情景が浮かんでくるような演奏でした。あらゆるジャンルの曲目を自分のものにして歌われていました。
本番を重ね、益々成長されている姿に心から拍手を贈りたいと思いました。今後の活躍がとても楽しみです。
歌枕直美音楽教室 講師 岩城喜美子岩城写真85

「歌枕直美音楽教室の卒業生Part.1」 - 2018.04.16 Mon

歌枕直美音楽教室を卒業し、夢に向かって羽ばたいた生徒さんをご紹介します。
歌枕美和さんは4歳から教室でピアノを習い始めました。その後、発表会では、小学生の時に子供の歌のアンサンブルで出演、ミュージカルではサウンドオブミュージックのリーズル役、レ・ミゼラブルではエポニーヌ役と数多くの名曲を歌われました。そして、音楽大学で声楽を学び歌の基礎を身につけ、現在はプロの歌手として活躍されています。
4月21日には梅田の老舗ジャズライブハウス、ロイヤルホースでのスペシャルライブに出演されます。オペラからポピュラー、ジャズと幅広いジャンルの曲を歌う歌手へと成長されました。幼少の頃からその成長を見守ってきた講師にとっては、感慨深く、またとても嬉しいことです。4月21日のライブもとても楽しみです。今後、益々活躍されることを祈っています。

歌枕直美音楽教室 講師 岩城喜美子岩城写真85



「いよいよ講師コンサート」 - 2018.04.09 Mon

4月15日宮野教室 講師コンサートまで一週間を切りました。
妹尾先生とも時間の合間をみて練習しています。連弾は二人の息が合わないと曲になりません。バッハから始まりラヴェルの「ボレロ」が終曲です。このボレロがなかなか大変で、2ndパートは7分間同じリズムを弾き続けます。そして最後で合うはずなのですがなかなか思うように仕上がりません。しかし、ようやく息も合い最後の和音で一つになれました。やはり、回数を重ねないと合わないものです。当日は、ジャンベ(西アフリカ起源の太鼓)も加わり壮大な音楽になる予定です。
宮野教室の生徒さんもコンサートを楽しみにしてくださっています。近くで気軽にコンサートが聴けるということ、そして教室のピアノ、ラモーの響きを楽しみにしてくださっています。新入会の子供さんには是非、ご参加いただきたいと思います。子供の時に聴いた音楽はきっと心に残ることでしょう。良いコンサートになるように頑張りたいと思います。

歌枕直美音楽教室 講師 岩城喜美子岩城写真85



「歌枕主宰コンサート」 - 2018.03.31 Sat


4月7日、8日、9日と歌枕主宰の公演が京都生活工藝館 無名舎で行われます。
無名舎は京呉服の問屋街「室町」の一角にあり、中庭、奥庭がある京町屋です。京都の風情ある場所で「熊野」と「敦盛」を歌枕主宰が歌と語りを一人で演じられ、映像と共に作品の世界観が創り出された総合芸術です。
教室の生徒さんも前回、無名舎でのコンサートに感動され早くからお申込みいただいています。前回の公演でSさんは「町屋に入ったのも初めてで、箱庭がありお座敷があるという空間に感動し、コンサートでは歌枕先生の歌と映像との一体感で、その時代にいるかのような感覚になりました」と感動された様子をお話しくださいました。生徒さん同士が相談し、予定を合わせ同じ日に参加するように約束されています。「待ち合わせも場所がわからないといけないので無名舎で会うことにしました」と生徒さんも今回の公演をとても楽しみにしてくださっています。また、レッスンで歌っている「やまとうた」が公演の中で歌われるととても嬉しくなるそうです。歌枕主宰の公演と教室が結びつきがより強くなってきたように思います。

歌枕直美音楽教室 講師 岩城喜美子岩城写真85


「講師コンサート」 - 2018.03.26 Mon

4月に歌枕主宰プロデュースによる講師コンサートを行うことになりました。
最近の環境では、生の演奏を聴く機会がなく曲を知らない生徒さんが多いようです。特に子供さんは、教材の名曲とされるクラシックも聴いたことがないということに驚きました。「これではいけない。生徒さんに生の音楽を聴いていただく機会を作りたい」と歌枕主宰が企画されました。
今回は、妹尾由美子、岩城喜美子の連弾と山部赤人役の岩城智穂が、お話しとパーカッションでコンサートを盛り上げてくれます。オープニングはチェンバロでバッハを演奏し、モーツァルト、ベートーヴェン、ビゼー、ラヴェルなど教材クラシックシリーズから演奏します。連弾は心がひとつにならなければ曲になりません。只今、コンサートを目指し仕事が終わった夜に練習をしています。生徒さんが「この曲、先生と弾きたい」と言ってもらえるよう演奏したいと思います。ご家族、お知り合いの方にもお声がけをお願いします。

日時・会場:
4月15日(日)14:30~15:30 高槻宮野教室
4月22日(日)14:30~15:30 うたまくらピアノ工房
料金:大人500円 学生300円(税込)

歌枕直美音楽教室 講師 岩城喜美子岩城写真85



NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

歌枕直美音楽教室

Author:歌枕直美音楽教室
-芸術に感謝する-
音楽は生涯の友になります。音楽は生き方そのものにつながり、支えとなる力も持っていると信じています。

リンク

このブログをリンクに追加する

最新記事

カテゴリ

発表会レポート (89)
主宰 歌枕直美エッセイ (11)
未分類 (130)
教材・講師セミナー (34)
レッスンレポート (112)
徒然 (191)
コンサート関連 (63)
うたまくらピアノ工房〜子供レッスン (9)
生徒さん紹介 (12)

最新コメント

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

最新トラックバック

FC2カウンター