FC2ブログ
topimage

「生徒様ご紹介 原田さくらさん②」 - 2021.05.05 Wed

210504-01.jpg


現在大学4回生の原田さくらさんは、小学生の頃よりやまとうたってくださっています。肌合いが合う曲だと長さは関係なく、「明日香慕情」や「近江慕情」のような長の大曲も全く違和感なく小中学生の頃よりってくださっています。発表会のやまとうたコーナーでもってくださるようになり、はじめはう前の解説が恥ずかしくて、名前と曲目を言うので精一杯だったのが、徐々に解説をお話しくださるようになり、今では自分の言葉でお話しくださるようになりました。
大学進学の際には、文学系に進むか国際系に進むか考えられ、国際系の学部に進まれ、現在就職活動中で日本から海外に向けて日本のことを発信できる仕事に就きたいと奮闘中です。
うたまくらのことを「のオアシス」とおっしゃってくださり、うたまくら茶論でのコンサートの際や無名舎などの公演の際にはスタッフも務めてくださっています。うたまくらでさまざまのことを吸収し、強い意志を持って立たれている姿はまさしく桜の木のごとく、しっかりと地に根差し、さくらさんだけの美しい花を咲かせています。

枕直美音楽教室 講師 岩城智穂智穂写真85

「生徒様ご紹介 原田さくらさん①」 - 2021.04.27 Tue

210427-01.jpg


原田さくらさんは小学4年生の時に、高槻宮野教室に入会されました。枕直美音楽教室オリジナル教材 子供入門編でピアノレッスンを始めました。「ぞうさん」や「メリーさんの羊」を数字や詞を追ってメロディーを弾き、左手は7色の色を使って弾き、ゆっくりペースですが何とか両手で弾けるようになりました。楽譜を読むのは苦手で、次の教材数字奏法譜で弾きたいということで数字奏法譜を使い弾いていました。
歌枕主宰より「音符を読むのが苦手ならば、を取り入れてみてはどうでしょうか。」とご指示いただき、やまとうたうことにしました。ってみると、自然にやまとうたの世界に引き込まれていき、レッスンも楽しいものになりました。
学生になり、吹奏楽部に入ると楽譜を読まないといけなくなり、急に楽譜が読め、ピアノも楽譜で弾けるようになりました。発表会でも披露し、見事に演奏されました。その後は、歌一筋、やまとうたを次々と歌い続けています。

歌枕直美音楽教室 講師 岩城喜美子岩城写真85

「生徒様ご紹介 岩本弘子さん③」 - 2021.04.13 Tue

210413-01.jpg


自分が人前で歌われることはないと思われていた岩本さんも現在では、毎回の発表会と紘美の宴コンサートやYouTubeチャンネル「記紀・万葉劇場」の全てにご参加くださり、やまとうたをご披露いただいています。歌枕主宰のコンサートではご参加くださるだけでなく、受付も務めてくださいます。またさまざまな場面でお越しくださった方にお声をかけてくださり、人と人を繋いでくださいます。年齢層も子供さんや学生さんから、80代の方までとどんな年代の方でもお話してくださり、その方のを朗らかにしてくださいます。岩本さんのの豊かさに年代を越えてさまざまな方がを許してくださり、安していただける、そんな懐が深い方です。

歌枕直美音楽教室 講師 岩城智穂智穂写真85

「生徒様ご紹介 岩本弘子さん②」 - 2021.04.06 Tue

210406-01.jpg


吹田駅前教室に通われている岩本弘子(78歳)さんは、初めはうことに自信が無いと言われ、というグループでのレッスンから始められました。4ヵ月ほど日本叙情やまとうたを練習しました。その後、個人レッスンに変わられ、「やまとうた」をわれています。毎日、家では枕主宰のCDを聴き一緒にい練習されています。やまとうたの中でも、情緒のある曲、特に人のの内側を表現する曲がぴったりで、曲の背景や、その思いを見事に表現されています。曲に気持ちを込め過ぎると、リズムや音程が取れなくなることもあるので、繰り返し練習しています。やまとうたセミナー、発表会、Youtubeと全てに参加されています。やまとうたを歌うことが生き甲斐となり、「この年になり、こんなに楽しい、充実した日々を過ごせるなんて、幸せです」と言われ、輝き続けられ、教室には無くてはならない存在となられています。

歌枕直美音楽教室 講師 岩城喜美子岩城写真85

「生徒様ご紹介 岩本弘子さん①」 - 2021.03.09 Tue

210309-01.png


岩本さんは教室の生徒様で歌枕主宰の活動を熱心に応援してくださっていた伊藤紘一郎さんのご紹介で、4年程前に「アメワカミコ」の枚岡神社での公演の際に初めてお会いしました。歌枕主宰とお話され『心が包み込まれるような感じで、一気に枕先生のお人柄に惹かれました。』とその時のことをおっしゃってくださり、その後、クリスマス忘年会やアンディームジークコンサートなどのうたまくら茶論でのコンサートにもお越しくださるようになりました。そして、『自分がうなんて縁遠いもの』と思われていましたが、ある方の「ってみたくなったでしょ?」という一言がきっかけで、心のというグループレッスンにお越しくださるようになりました。そして第一回目の『紘美の宴』の際にはソロで歌われることに初挑戦してくださいました。今では岩本さんだからこそ表現できるやまとうた世界観を歌ってくださっています。

歌枕直美音楽教室 講師 岩城智穂智穂写真85

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

歌枕直美音楽教室

Author:歌枕直美音楽教室
-芸術に感謝する-
音楽は生涯の友になります。音楽は生き方そのものにつながり、支えとなる力も持っていると信じています。

リンク

このブログをリンクに追加する

最新記事

カテゴリ

発表会レポート (95)
主宰 歌枕直美エッセイ (11)
未分類 (130)
教材・講師セミナー (34)
レッスンレポート (115)
徒然 (191)
コンサート関連 (63)
うたまくらピアノ工房〜子供レッスン (10)
生徒さん紹介 (16)
ヴォイスレッスン (17)
和歌劇 (2)
高槻宮野教室 (1)
発表会 (21)
20年の成果 (3)
ハッピーマンデーコンサート (6)
教室主任の徒然日記 (29)
アンディームジークコンサート (4)
講師コンサート (17)
コンサートレポート (4)
紘美の宴コンサート (4)
歌枕直美主宰の月1メッセージ (13)
教材紹介 (13)
ビューティフルハーモニーコンサート (2)
レッスン (1)
生徒様ご紹介 (24)
YouTube (1)
報告 (1)
時代を語るピアノの響きコンサート レポート (1)
歌枕主宰が築いた世界 (12)
ベヒシュタインコンサート (1)

最新コメント

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

最新トラックバック

FC2カウンター