topimage

「ヴォイスレッスン」 - 2018.04.30 Mon

歌枕直美音楽教室ではヴォイスレッスンを受講されている生徒さんは年々増えています。以前は、クラシックを基本としたレッスンの方ばかりでしたが、最近では、ヴォイスレッスンの幅が広がり目的も変わってきました。特にカラオケを楽しまれている方は、音が取れるようになり楽しく歌えればよいという方々でした。しかし、最近ではカラオケのレベルが上がり、ホールなどで行われるカラオケ大会では、歌えるだけでは上位に上がれなくなったようです。
先日からヴォイスレッスン通われているUさんは、カラオケ教室だけでは限界を感じられ、本格的な発声を学びたいと入会されました。「良い声だけど声が前に出ていない、と言われてもどうやって出せばよいのか教えてもらえない…」と思っていた時、事務所1階の歌枕直美音楽教室の旗を見つけられました。考えていたところヴォイスレッスンに来られたHさんに会い、一緒に2階まで来られ、体験レッスンを受け、すぐに入会されました。
また、他にもカラオケをされている方がレッスンに来られています。Kさんは「夏までにアラレちゃん音頭が歌えて、踊れるようになりたい」と入会されました。7月には盆踊りの練習も始まるので時間がないということでした。楽譜も売っていないのでYou tubeを聴き音を取りレッスンしています。歌えるようになってこられたので次は動画を見て踊りをお伝えしなければなりません。今までにないヴォイスレッスンが続いています。ヴォイスレッスンの在り方が変わってきています。いろんなジャンルの曲のレッスンをさせていただくことで講師としても幅が広げられ、よい機会を与えていただいています。
歌枕直美音楽教室 講師 岩城喜美子岩城写真85



「子供レッスンの成果」 - 2018.03.12 Mon

歌枕直美音楽教室子供レッスンはオリジナル教材、数字奏法譜や子供の世界を使用してのレッスンで始めます。子供の世界は「88鍵を使って」という副題通り鍵盤で遊ぶという教材です。聴いた音を探り弾きし、耳と感性を育てるという内容で「きらきら星」もハ長調、ト長調…イ短調など、どの鍵盤から始めても曲が弾ける、悲しい気分で短調にし自由で楽譜に捉われないレッスンです。子供入門編では左手はコードのベース音で弾きます。コードでひくことで和声感覚も身につきます。

先日、歌枕直美音楽教室を卒業した中学3年生の男の子二人もこのレッスン法で10年間レッスンをしました。二人とも聴いて弾く方が楽だと言います。聴いてひくことで聴く力、感性が大きく育ちました。勿論、ハノンなどの基礎練習もしてきました。K君が弾いたショパンの英雄ポロネーズも歌枕主宰がアレンジされた教材です。原曲の楽譜では、譜読みをするというところで挫折していたと思います。歌枕主宰のアレンジは、音を減らして簡単にしたというものではなく、音数は少なくても原曲と変わらない響きで曲が作られています。K君は今までのレッスンの積み重ねもあり、英雄ポロネーズを曲のポイントを押さえ、暗譜で演奏することができたのだと思います。日本のピアノ教室では、楽譜がないと弾けないという方が多いと思います。もう一人のS君もそうです。カノンを自分の感性でアレンジし自由に弾くことができます。また、学校の合唱コンクールで伴奏を弾いた生徒さんが、金賞を受賞しました。ヘ音記号を読むのが苦手ですが、コードで弾くことができるので和音の構成で音楽を表現することができます。この生徒さんも男の子です。中学生になってもピアノを続け、理想的な形で成長してくれています。楽譜に忠実に弾くだけがレッスンではないと考えています。
歌枕主宰がレッスンを始めた時にイメージしていた通りに生徒さんが成長し、10年経ちその成果を感じることができました。

歌枕直美音楽教室 講師 岩城喜美子岩城写真85


「10年の歩みと成長」 - 2018.02.26 Mon

歌枕直美音楽教室に5歳からレッスンに来られ10年。教室を卒業される青年2人、ここ数年会っていなかったのですが、金曜の夜に に参加され久しぶりに茶論で再会することができました。2人は小学生の頃から共にライバルとして、良き友として成長されました。
S君はピアノの下に入り、レッスンにならないこともありました。発表会では、ピアノやミュージカルにも出演されました。一番印象的だったのは幼児の時に歌枕主宰のやまとうた「藤原京の歌」を暗譜で歌ったことは講師全員が覚えています。
K君はスポーツ系の少年でした。落ち着いてピアノを弾くことができず、お父さんから「言うことをきかなかったら殴ってください。宜しくお願いします。」と頼まれたのを覚えています。
また、たき火のメロディーを前奏から弾き出し、どうやって覚えたのか聞くと「毎日、車が来てる」と言うのです。灯油の宅配の車から流れている音楽を聴き、探り弾きし弾けるようになったようです。
その2人が卒業の節目に金曜の夜にで「カノン」と「英雄ポロネーズ」を演奏してくれました。歌枕主宰がアレンジされた楽譜で個性を生かした演奏でした。元々資質の高い子供さんでしたが、レッスンは一筋縄ではいかない状態でしたが、歌枕直美音楽教室のカリキュラムを見事に習得し、理想的な形で成長してくれました。
高校では、S君は吹奏楽の名門校に進学、3年間ホルンで頑張るそうです。K君は野球を3年間頑張ると決めています。目標を持ち進学できることは本当に素晴らしいことです。幼少から歌枕直美音楽教室で培ったことは一生心に残ると思います。そして、また、再会できることを楽しみにしています。

歌枕直美音楽教室 講師 岩城喜美子岩城写真85


「カラオケとヴォイストレーニング」 - 2018.02.19 Mon

歌枕直美音楽教室では歌のレッスンの生徒さんが多くおられます。その中には、カラオケの上達のために、ヴォイストレーニングに来られている生徒さんがおられます。
2月からレッスンを始められたHさん(70代)は、チラシが入っていたことと、いつもピアノ工房の前を通られていたことがきっかけで入会されました。カラオケで歌うのに声が長く続くようになりたいということで家族には内緒で来られました。笹木先生はご本人に練習曲としてどの曲目がいいかお聞きすると、カッチーニのアヴェマリアを選ばれたそうです。いつも演歌を歌われている方が普通に歌われ、声もしっかり伸ばすことができているそうです。声が出るようになることに希望を持ってレッスンに通われています。

また、Tさん(60代)は、ちりめんビブラートの声で、まず普通に声が出せるようになりたいということで始められました。レッスンではポップス系の歌を歌われています。カラオケ教室の仲間にはヴォイストレーニングに行っていることは内緒にされています。レッスンに来られるようになり、しばらくしてからカラオケ教室の皆さんから「声が出るようになった。声が良くなった」と言われたようで、レッスンの手ごたえを感じられたようです。病気でお休みされたこともありましたが、熱心にレッスンを続けられ、もう5年になります。密かに「声が出せるようになりたい。きれいな声で歌えるようになりたい」と意欲と希望を持たれている生徒さんが歌枕直美音楽教室に通われています。
     
歌枕直美音楽教室 講師 岩城喜美子岩城写真85



「子供の世界~天使のベル~」 - 2017.05.29 Mon

blogtop-05.jpg

新しい学年になり、子供さんの入会が続いています。子供のレッスンの導入として、「子供の世界」を取り入れています。ページを開いて1ページ目、天使が空を飛んでベルを鳴らしている絵が描かれています。音符が書いてあるかと思いきや、いきなり天使とベルの絵です。これには子供さんもビックリしていますが、何よりも親御さんの方が驚かれます。「これからどんなふうに弾くのだろう」と不思議な様子です。「じゃぁこれを聞いたことあるかな?」と講師が弾くと、「学校のチャイム!」と子供たちは答えてくれます。「これはレッスンの始まりの合図の鐘だよ。それじゃ、弾いてみようか!」と講師が鍵盤を指をさしながら、弾いていきます。レッスンのはじめで、且つはじめてピアノを弾く子もいるので、ドキドキしながら鍵盤を1つ1つ慎重に弾いていきます。弾き終わるとちゃんと弾けたと少しほっとした様子です。高さを変えたりして、何回も弾いていくうちに、弾く順番を覚え、一人で弾けるようになります。「じゃぁペダルを踏んでみよう!」とペダルを踏みながら弾きます。ペダルが慣れてきたら、今度はさっきを弾いた音を移調してきます。黒い鍵盤ばかり、白い鍵盤ばかりで弾いたり、慣れてくると黒い鍵盤と白い鍵盤をまぜて弾きます。なかには、はじめの音を決めると、そこから、自分で探り弾きをして、いろんな調整でどんどん弾く子もいます。弾けたらベルを色ぬりしていきます。色ぬりが大好きで、色ぬりをしたいために頑張って弾く子もいます。
『天使のベル』を弾くことで、自然と移調や88鍵を使って弾くことなどを楽しみながら体感していきます。また色ぬりもちょっとした息抜きになるだけでなく、子どもさんたちの違う表情を伺うことができ、レッスンの導入として、大きな役割を果たしています。

歌枕直美音楽教室 講師 岩城智穂智穂写真85

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

歌枕直美音楽教室

Author:歌枕直美音楽教室
-芸術に感謝する-
音楽は生涯の友になります。音楽は生き方そのものにつながり、支えとなる力も持っていると信じています。

リンク

このブログをリンクに追加する

最新記事

カテゴリ

発表会レポート (92)
主宰 歌枕直美エッセイ (11)
未分類 (130)
教材・講師セミナー (34)
レッスンレポート (113)
徒然 (191)
コンサート関連 (63)
うたまくらピアノ工房〜子供レッスン (9)
生徒さん紹介 (12)

最新コメント

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

最新トラックバック

FC2カウンター