FC2ブログ
topimage

「宮野教室の環境」 - 2018.03.19 Mon

高槻宮野教室は、近くに国道170号線と171号線が通っている住宅街にあります。車を運転される方にとっては、京都方面や枚方方面からも便利な所です。京都方面から車で来られている生徒さんは、高槻に向かって行くのは気持ちが良く、遠いと感じたことはないそうです。
近くには、城跡公園があります。この公園は高槻城跡に作られ市民の憩いの憩となっています。高槻城はキリシタン大名で有名な高山右近のお城です。近くには歴史資料館や高山右近ゆかりのカトリック教会があります。歌枕主宰は、この教会で和歌劇 高山右近の公演を行ったこともあります。
また、古墳や遺跡などが数多くあります。今城塚古墳は継体天皇陵ではないかとみられ、注目されています。安満遺跡や、日本最大、最古の埴輪工場が埴輪公園として残され古代からの歴史が息ずいている街に宮野教室はあります。

歌枕直美音楽教室 講師 岩城喜美子岩城写真85



「レッスン室のザウター」 - 2018.03.04 Sun

180304-1.jpg 180304-3.jpg


2月9日、吹田教室にザウターのグランドピアノが入りました。数カ月ぶりにグランドピアノレッスン室に入り、生徒さんはレッスン室に入ると「わーっ。ピアノが変わっている!グランドピアノ!」と驚かれ、その後、「音色が落ち着いた感じでドイツって感じがします」「デザインがおしゃれ!ペダルの形がハープみたいですね」と、ピアノの感想を述べられます。「ザウターの音色が好き」と言われる方が多く生徒さんの表情も明るくなり嬉しそうです。
ザウターをご存じない方がほとんどなので「ドイツで作られていて、直系で200年続いているメーカーです。ザウターは社長さんの名前です。うたまくら社に初めてザウターのピアノが入った20年前にはドイツからザウター氏がピアノ工房に来られたこともあります。」と簡単に説明をさせていただいています。生徒さんは「こんなに素晴らしい環境でレッスンができ幸せです。」と言われます。この環境を作られた歌枕主宰のことも「歌枕先生は凄い!」と歌枕直美音楽教室への称賛の声となっています。先月までレッスン室にザウターのアップライトピアノが2台置いていたことで、今回のグランドピアノと合わせザウターの名前が浸透してきたように思います。
歌枕直美音楽教室 講師 岩城喜美子岩城写真85


「吹田駅前教室 ザウター」 - 2018.02.11 Sun

180211-1.jpg 180211-2.jpg


歌枕直美音楽教室、吹田駅前教室にはグランドピアノがあります。今までにベヒシュタイン、グロトリアンなどの名器がありましたが、このピアノを気に入っていただいた方の元へと旅立ち、今日、1974年製のザウターのグランドピアノがレッスン室に入りました。ウォールナット艶消し、チッペンデールで鍵盤の前と脚の部分に装飾があります。ペダルの部分もハープのような形でおしゃれな感じです。早速レッスンに来られた生徒さんは「落ち着いた良い響きのピアノですね。素晴らしいピアノばかり弾かせていただいて幸せです」と言われていました。
このピアノが来る前はザウターのアップライトピアノが2台入っていました。同じザウターでも音色が違い、生徒さんも「こっちの音色が好き」とそれぞれに好みが違っていました。今までザウターという名前も知らなかった生徒さんにもザウターが浸透してきました。
レッスン室のアップライトのザウター2台は事務所に置かれていて、グランドと合わせて3台のザウターが試弾できます。吹田駅前教室は普通には無い環境です。
     
歌枕直美音楽教室 講師 岩城喜美子岩城写真85


「やまとうたセミナー」 - 2017.10.09 Mon

blog-yamatouta.jpg

しばらくお休みをさせていただいていました教室の中核「やまとうたセミナー」を再開することになり、9月25日、28日、10月1日と3日間行われました。
今回は、皆さん新曲での受講でした。受講される方の意識が高く、初めて歌う曲でもすでに、曲の背景や歴史的なことなどをしっかりと調べられ、やまとうたをご自分のものにされています。その上で歌枕主宰からご指導いただくのでスタート地点がかなりハイレベルになっています。歌われる前のメッセージを聞いているだけで「なるほど・・そうか」と感心するばかり。曲のイメージも湧いてきます。
発声も基本的なことは身に付いてきています。ただ、顔、特に頬、口周りに力が入り硬くなるのは皆同じ、克服するにはもう少し時間がかかりそうです。でも、一つはまれば、びっくりするような素晴らしい声が出て、歌われている方自信が一番驚かれています。しばらくお休みでしたが、それまで数年、やまとうたセミナーで培ってきたものは確実に育っていました。やまとうたセミナーを受講された生徒さん同士も深い絆で結ばれていて、やまとうたへの深い思いと重なり茶論が特別な空間となりました。とても濃い内容のセミナーとなりました。

歌枕直美音楽教室 講師 岩城喜美子岩城写真85


「季節の移り行き」 - 2017.04.21 Fri

blogtop-04.jpg

うたまくら茶論近くの目俵体育館の見事な桜の花も散り始めました。若葉の芽生えを見ながら季節の移り変わりを感じ、事務所から茶論に行く時、いつも豊かな気持ちにさせてもらっています。でも、気が付けば、発表会まで1ヵ月を切っています。急に落ち着かなくなり、あれも、これもできていない・・と焦るばかり。

先日のレッスンで生徒さんがとてもよく練習され、努力されていることが演奏から感じることができました。「よく練習されていますね」とお声がけすると「先生方が努力されているのに、生徒が怠けてどうするんですか。そんな失礼なことはできません」と言われました。毎回の発表会から感じてくださっていたようで、とても嬉しく思いました。その反面、この言葉を聞かせたい子供さんがいるなぁ・・とも思いました。いずれにしても、今から形にしていかなくてはなりません。着々と出来上がっていく生徒さん、間に合うのかと思う生徒さん、季節の移り行きと共に時間が過ぎているのですから・・・。
私たち講師も気を引き締めなければと思いました。

歌枕直美音楽教室 講師 岩城喜美子岩城写真85




NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

歌枕直美音楽教室

Author:歌枕直美音楽教室
-芸術に感謝する-
音楽は生涯の友になります。音楽は生き方そのものにつながり、支えとなる力も持っていると信じています。

リンク

このブログをリンクに追加する

最新記事

カテゴリ

発表会レポート (95)
主宰 歌枕直美エッセイ (11)
未分類 (130)
教材・講師セミナー (34)
レッスンレポート (115)
徒然 (191)
コンサート関連 (64)
うたまくらピアノ工房〜子供レッスン (10)
生徒さん紹介 (16)
ヴォイスレッスン (6)
和歌劇 (2)

最新コメント

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

最新トラックバック

FC2カウンター