FC2ブログ
topimage

楽器で旅を - 2010.03.24 Wed

今日は楽器でお国巡りができました。
すごく不思議な体験でした。日本にいながら、ピアノの音でその楽器が製造された国へ誘ってくれるなんて、なんてお得なこと!

今日行われたのは、“煌めきピアノコンサート”。
現在うたまくら工房にあるすべての楽器を弾き比べ、聴き比べできる絶好のチャンスです。
イタリア→ドイツ→チェコと心地よく巡って、アメリカにたどり着いたときには完全に音に飲み込まれてしまいました。
ここはどこ?といった感じ。

一緒に聴いていた大学生の智穂さんは
  「ラスベガスや~!」。
      ラスベガス知ってるの?
でもそんな感じなんですって。
ジャズの小気味良い音までも聞こえそうな雰囲気でした。

茶論の楽器ではタイムスリップする瞬間を何度か味わいました。
特にフォルテピアノで聴くシューベルトは最初ハッとして、徐々にシューベルトの時代まで飛んでいけます、多分。
その時代をよく知らないので偉そうなことは言えないのですけれど、私はシューベルトさんのお友達と同席していると勝手な空想をしました。
空想は自由で楽しいものです。

ランチタイムでは同じテーブルの諸先輩方より戦時中のお話しを伺い、今日の日を幸せに思う時間も持て、本当に有意義な1日でした。

曽和

ヴォーカルレッスンが好調 - 2010.03.19 Fri

教室では子供さんのレッスンで必ず歌を取り入れています。
それは、ソルフェージュであったり、子供の歌からオリジナル万葉集の歌であったり、子供さんに合わせて様々です。

今月は福原真衣子さん編曲の素敵な日本の歌vol.1も出版され、こちらは今後も制作が続きます。
子供だけでなく、大人の方々にもピアノレッスンと併せて歌って頂ける環境が整いました。
コミュニティーアリーナ鳳のカルチャーでもピアノ、ヴォーカル共キャンセル待ちで、レッスン枠を増やして頂きました。

人前で自信を持って歌えたらいいな…という願望は私にもあり、それでも恥ずかしいとか、どう思われているだろう?と意識過剰でなかなか踏み出せないところがありました。
でも教室の生徒さん方は、真っ直ぐに歌で自分を表現してくださいます。
その方の人間性を歌で感じることも多くなりました。その歌声に癒されます。

これからもヴォーカルレッスンが歌枕直美音楽教室の強い柱となりそうです。

曽和

ハノンがおもしろい? - 2010.03.12 Fri

もう一度基礎を見直そうと、教室では子供さん方だけでなく、大人の方にも練習曲としてのハノンをお勧めしています。

昔、生徒さんから聞いた話です。
ある音大生の友人がハノンを弾く時、足を組みながらただ無気力に指だけ動かしている光景が“ベルトコンベアーのようだった”そうです。
何か疑問が残り、ただ退屈なだけの練習曲というイメージが私の中でも確かにありました。

でもそれが今、新たな展開をみせています。
何とこれを“おもしろい!”とおっしゃる生徒さんが出てこられました。
子供さん達も、それなりに新鮮さをもって練習されている様子です。
これはやはり指導の問題?

その“ハノンがおもしろい”とおっしゃる50代後半の男性生徒さんを指導しておられる笹木講師は“たった数小節で体がゆれたり、力が加わったり、その方の奏法の特徴が現れ、いろいろな発見がある”とおっしゃいます。

レッスンの中で“おもしろさ”や“発見”が生まれるとき、私たちは一番やり甲斐を感じるのですが、特に子供さんのレッスンでは“どうしたものか?”と落ち込むこともよくあります。
そんな時、こういう話を聞くと前向きになれるのも一人じゃない強みです。


曽和

春の訪れ~ホームコンサート - 2010.03.05 Fri

春の訪れを感じる爽やかなホームコンサート。
今回は、いつも元気なパパゲーノ妹尾講師と可憐なパパゲーナ笹木講師によるコンサートでした。

前半は川をテーマに【美しいドナウ】【ライン川のローレライ】【壮大なモルダウ】とお国巡りをし、最後の【イムジン河】ではこの曲がヒットした頃のお話を参加者の方々との対話を交えながら進行され、休憩時間も懐かしい思い出話で盛り上がりました。

万博が開催された頃ということもあり、鮮明な記憶が蘇ったり、子育てに夢中だったとおっしゃる方もあります。
音楽からそれぞれの人生の歩みを聞かせて頂けることは大変興味深いところです。

後半は春をテーマに歌枕主宰オリジナル曲が演奏され、最後の【花】ではハーモニーをつけて歌ってくださるお客様もあり、次回6月の参加もお約束して爽快な気分でコンサートは終了しました。

2010-2-28ホームコンサート 002 2010-2-28ホームコンサート 005

2010-2-28ホームコンサート 008


曽和

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

歌枕直美音楽教室

Author:歌枕直美音楽教室
-芸術に感謝する-
音楽は生涯の友になります。音楽は生き方そのものにつながり、支えとなる力も持っていると信じています。

リンク

このブログをリンクに追加する

最新記事

カテゴリ

発表会レポート (95)
主宰 歌枕直美エッセイ (11)
未分類 (130)
教材・講師セミナー (34)
レッスンレポート (115)
徒然 (191)
コンサート関連 (64)
うたまくらピアノ工房〜子供レッスン (10)
生徒さん紹介 (16)
ヴォイスレッスン (6)
和歌劇 (2)

最新コメント

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

最新トラックバック

FC2カウンター