FC2ブログ
topimage

あっという間にクリスマス忘年会 - 2012.08.31 Fri

歌枕直美音楽教室 講師の岩城です。

夏の発表会が終わり、1月の発表会に向けての練習が始まっています。
「いつまでも暑いですね」と言っていますが、秋は色々と忙しく、いつもあっと言う間に年末になります。気がつけばクリスマス忘年会です。
1月の発表会の練習は継続して行っていますが、それとは別にクリスマス忘年会で演奏する曲の練習も並行しています。
一年の締めくくりに、教室以外にも、万葉 楽器関係など「うたまくら」に関わってくださっているお客様がお越しくださいます。

クリスマス忘年会では参加されたお客様の演奏タイムがあります。その演奏タイムも皆さん楽しみにされています。ピアノ、歌、ギターなど、ジャンルも幅広く、発表会とはまた違った雰囲気での演奏タイムです。普段は忙しく、茶論にお越しいただけなくても、クリスマス忘年会は必ず参加し、演奏してくださる方もいらっしゃいます。

生徒さんの中には、今からクリスマス忘年会の曲を決める方もあります。昨日もピアノのレッスンなのにクラリネットを持ってこられ「クリスマス忘年会の伴奏合わせをして欲しい」と言われる方もありました。皆さんの頭の中には年間スケジュールがあり、年3回発表会、ピアノ工房での企画、そしてクリスマス忘年会が組み込まれているのです。

茶論では皆さんが、久しぶりに会う方々の演奏、会話を楽しまれます。茶論は音楽でつながった方々が集い、盛り上がります。うたまくらの年末の大きな行事です。
何度も言いますが、あっと言う間にクリスマス忘年会です。

続・発表会レポート - 2012.08.27 Mon

夏の発表会、本当に素敵な4日間でした。

大人の方はそれぞれカラーがあり、80才を越えてもなお進化されている演奏で希望をとどけてくださいました。
オリジナルの数字奏法譜から始められた方が何人もおられましたが、そのひたむきな取り組みと、温かみのある音楽が本当に心地よかったです。

子供さんの成長ぶりには驚かされます。
そして、先生方が一人一人の子供さんと真剣に向き合いそれぞれの良さを最大に引き出してレッスンされている様子にも感動がありました。
同士として誇らしく、頼もしく、これからも共に成長していきたいです。

毎月の歌枕主宰によるセミナーや講師に向けられる課題は厳しい部分もありますが、こうやって活かされるのだと実感しています。
そして“やまとうたコーナー”この半年の成果がしっかり現れていましたね。
そして、皆さんの個性的なメッセージが最高!スポットをあてる手がふるえる程笑ってしまう場面も…。
爽快な気分で終演を迎えた日曜日のディナーは大変な盛り上がりでした。

今回初出演の将己君、杏奈さん、結衣さん、陸君、優騎君、打越さん、千恵さん、亀田さん、貴重な出会いに感謝!!です。

曽和



発表会を終えて - 2012.08.24 Fri

歌枕直美音楽教室 講師の岩城です。

歌枕直美音楽教室 夏の発表会、4日間7公演が無事終わりました。
発表会の様子をお知らせします。
「メリーさんの羊」を、移調し自分の思いのまま続ける子供さん、講師もご両親もハラハラ、ドキドキ。思う存分弾き、無事終了。
また、子供たちの演奏はピアノは音色が美しく、身体の中から音楽が溢れ「音楽が好き」ということが伝わってきて、聴く方もとても幸せな気持ちになりました。

大人の方も個性的で、ご自分をしっかりと表現されていました。緊張してわからなくなっても、初めから弾き直し最後まで見事に弾かれました。「あんなに練習したのに」全員がそう思いながら演奏されたことと思います。

また、歌われる方も増えました。今回は2月から始まった「やまとうたセミナー」の成果がはっきりと出ました。積み重ねとは凄いものです。歌い終わった皆さんからは達成感と次への原動力を感じました。
さっそく「次のやまとうたセミナーの曲は何にしましょうか」というご相談がありました。

和歌劇ではソロの方は暗譜での演奏、皆さんお見事でした。和歌劇を見た子供は「あれ、昔のお話?」と興味深々。きっと心の中に残っていると思います。

今回5歳から85歳の生徒さんが演奏されました。ジャンルも広く、内容も深く、熱い熱い発表会でした。ご参加いただきました皆さん、ありがとうございました。
また、1月に向けてスタートです。宜しくお願いします。

 - 2012.08.17 Fri

歌枕直美音楽教室 講師の岩城です。

夏の発表会が明日から始まります。
生徒さんは発表会に焦点を合わせ、練習されてきたことと思います。講師もソロの演奏を必ずしなくてはいけないので生徒さん同様、日々練習してきました。
また、和歌劇を5作品上演しますので、講師は朗読パーカッションなど生徒さんのバックを支えられるように練習してきました。決して得意なことばかりではありません。「もっと才能があればなぁ・・」と思うことも多々ありますが、諦めないで突き進んでいます。

また、プログラム作りや当日のスケジュール、お菓子の用意など細々と準備することはいっぱいあります。歌枕主宰は発表会の統括をしながら、ランチやディナーのメニューを考え、お料理までされます。ひとり何役もやりながら準備を進めています。

発表会に参加してくださった方、皆さんが「良かったね、楽しかったね」と言っていただける心のこもった発表会になるよう準備をしていきたいと思います。
今からでも見学の方の参加は大丈夫です。歌枕直美音楽教室の発表会に是非ご参加いただけるようお誘いください。

発表会から発表会へ - 2012.08.10 Fri

歌枕直美音楽教室 講師の岩城です。

先週は8月の発表会の最終調整の様子をお伝えしました。来週はいよいよ発表会。お盆の間も熱心な皆さんのレッスンをさせていただきます。

歌枕直美音楽教室では年3回の発表会があります。ひとつ発表会が終わっても、ホッとする暇なく、次の発表会の準備が始まります。1月はコンサートホールでの発表会になります。全ての教室の生徒さんが出演されますので7時間程で、ソロの演奏の他、和歌劇 ミュージカルコーナー、オペレッタ、やまとうたコーナーなど盛だくさんの内容です。見学に来てくださった方は「楽しくて、あっという間に時間が過ぎていてびっくり。発表会ではなくコンサートとして楽しめる内容なので、いつも楽しみにしています」というお言葉もいただいています。

しかし、この充実した内容のためには、下準備が必要です。歌枕主宰はオペレッタの編集を春から手掛けられ、曽和先生も楽譜の準備をされています。8月の発表会終了と共に、1月の練習がスタートします。毎回、発表会に出演されている生徒さんは、8月の発表会が終わる前に1月のそろソロの演奏曲目が決まっています。早い方は春に決まっています。

このように発表会を中心に1年の流れができています。これがとても良いリズムで、レッスンの内容の充実にも結びついています。年3回は忙しいようにも思いますが、意外と心地良いものです。このリズムに乗られた生徒さんは上達も早いのです。まだ、発表会に出られていない生徒さん、是非、出演してみてください。充実した時間を共にすごしましょう!

ショパン編 - 2012.08.07 Tue

今日はショパン編のセミナーがありました。
以前、映画「愛情物語」を青春時代に観て感動したので、ショパンのノクターンを弾けるようになりたいという男性が教室に連絡をくださいました。数ヶ月で人差し指1本で見事に「愛情物語」風「ノクターン」を弾かれました。
オリジナルレパートリー教材を使用しましたので、その方のイメージを何度も伺って、「ここはトリルを入れましょう」とか、経過音を追加したり結構自由な発想が出てきて、非常にレッスンが楽しかったです。

ショパンは男のロマンだ!という先輩が学生の頃おられましたが、私自身ちっともロマンを感じなかったのは非常に寂しいことです。
でも、バッハ、モーツァルト、ベートーヴェン、ショパン 試験曲のイメージから脱皮できるチャンスがやってきたようです。
それはピアノ工房の楽器によっても変わりましたし、茶論のフォルテピアノやクラヴィコードによっても変えられました。
うたまくらの先生方は皆さん、ショパンの曲が大ホールで華々しく弾かれる曲ではないことをご存知です。
力強さは感じますが、力を見せつける曲ではないことをセミナーやコンサート企画などで知り、感じました。

今回の発表会も何の楽器が使用されるのかまだわかりません。
当日、その日に一番ふさわしい楽器が選ばれるのでしょうね。なんと贅沢な…。
私にはまだ編集作業が残っていますが、きれいな楽譜が完成したら、まずはこっそり弾いてみます!

曽和



発表会の調整 - 2012.08.03 Fri

歌枕直美音楽教室 講師の岩城です。

8月になり、発表会も間近となり最後の調整に入り、緊張感も高まってきました。

和歌劇は、今回5作品を上演します。ソロでの練習からデュエット、アンサンブルの練習、そして合同練習と積み上げていきます。当日は映像が入るので、暗くなった時を想定して文字を見やすくしたり、覚えたり、と皆さん工夫されています。

ソロの出演の方は、何回も練習するのは当然のことですが、椅子に座り、集中し1回だけ弾く、用事をしてまた1回だけ弾く。集中力を高める練習をされている方もあります。

そして、「やまとうたコーナー」。セミナーを毎月受講していただいている方々の発表です。毎月、それぞれの方が歌枕主宰からご指導いただいた成果を発表する場でもあります。スポットライトの中、自分の世界を表現できるのは、緊張感もありますが、達成感もあると思います。毎月セミナーを聴かせていただいて、皆さんの成長されていく姿は見させていただいていますが、当日はもっと気持ちが入りきっと素晴らしい演奏になること間違いなし!

子供さんも夏休みに入り遊びたい気持ちもあるとは思いますが、ピアノ、歌と毎日練習されていると思います。暑い日が続きますが、暑さに負けず頑張りましょう。やり切った後は、次の道が見えます(歌枕主宰がいつも言われている言葉です)
今から発表会の4日間がとても楽しみです。

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

歌枕直美音楽教室

Author:歌枕直美音楽教室
-芸術に感謝する-
音楽は生涯の友になります。音楽は生き方そのものにつながり、支えとなる力も持っていると信じています。

リンク

このブログをリンクに追加する

最新記事

カテゴリ

発表会レポート (95)
主宰 歌枕直美エッセイ (11)
未分類 (130)
教材・講師セミナー (34)
レッスンレポート (115)
徒然 (191)
コンサート関連 (64)
うたまくらピアノ工房〜子供レッスン (10)
生徒さん紹介 (16)
ヴォイスレッスン (6)
和歌劇 (2)

最新コメント

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

最新トラックバック

FC2カウンター