topimage

発表会までの道のり」 - 2014.03.28 Fri

歌枕直美音楽教室 講師の岩城です。

3月もあと数日となり、春の発表会まで1ヶ月を切りました。
出演日時、曲目も決まってきました。今週のレッスンでは「もう1ヶ月ないのに、出来上がるのか心配です」と皆さんが囁かれています。
ピアノの演奏は、緊張をするとどこを弾いているのかわからなくなる方があります。誰でもそんな経験をされていると思います。そんな時のために、と何カ所か戻って弾ける所を作っています。とにかく音楽の流れを止めないように練習しています。

また、先日、発表会の和歌劇の合同練習がありました。今回は、4作品を上演しますので、出演される方の予定によって、朝、夜と合同練習が続きます。今回、初めてお姫様役で出演される方は、歌詞の読み込みもしっかりされていて、作品がご自分のものになっています。相手役の方は、その姿勢に刺激を受けられ、「かなり練習されているので、私ももっと練習しなければ」といつも完璧に練習されている方が言われていました。共に支え、刺激仕合い、相乗作用が生まれています。

まだまだ、先だと思っていた発表会が近ずいてきました。生徒さんより講師の方が、緊張と焦りがあるかもしれません。後悔しないように練習しよう・・と自分に言い聞かせている今日この頃です。







「3月のやまとうたセミナー」 - 2014.03.21 Fri

歌枕直美音楽教室 講師の岩城です。

3月のやまとうた1回目のセミナーがありました。
いつもながら個性あふれるメンバーでのセミナーでしたが、今回は、今まで以上にお一人お一人の個性が際立ち、誰一人として同じタイプの方がいないということを感じました。
最近、街中や電車の中での人々が、同じメイクで、流行に合わせたスタイルで「みんなと一緒」という方が多く、同じだと安心、という傾向にあるのかもしれません。そんな世の中に反し、「うたまくら」では個性が際立っています。お一人ずつが輝いています。

セミナーでは、メッセージを伝えてから歌う、という練習をしました。
お一人ずつがそれぞれの思いを言葉にされ、心にしっかりと伝わってきました。誰かの真似ではなく、自分の言葉で伝える、ということは、一般では無い事なのかもしれません。人前で話すのは苦手、と言われている方も、「苦手」ということを感じないほど、しっかりと話されていました。何を取ってみても人と同じということがないです。「個性あふれる歌枕直美音楽教室は、凄い!」と自画自賛してしまいました。

また、10 日後、2回目のやまとうたセミナーがあります。この日のセミナーも個性あふれる方々ばかり。みなさんの個性がぶつかり合うのがとても楽しみです。
初めての方、是非、聴講にお越しください。新しい何かを発見できるかもしれません。
お待ちしています!





「心の歌の威力」 - 2014.03.14 Fri

歌枕直美音楽教室 講師の岩城です。

歌枕直美音楽教室では「心の歌」という教室を宮野教室と小阪カルチャー開講しています。
70歳前後の生徒さんが中心で、童謡、日本の抒情歌、世界の名曲、そして「やまとうた」を皆さんで歌っています。
宮野教室の生徒さんで、以前に肺の病気をされ家から出かけることもあまりなかった方が、元気に前向きに進むために、と1年前からピアノと心の歌を始められました。そして、先日、検査受けられ病気が進行していないことがわかりました。それどころか、良くなっている、と言われたそうです。「きっとこれは歌を歌っているからだ」と嬉しくなったそうです。

声もあまり出ていないし、こんなことで良いのかなぁ・・と思われていたそうですが、確信を持って歌い続けよう、と思われたそうです。医学的なことはわかりませんが、歌うことは身体に良いことなのだと実証されました。

歌枕直美音楽教室の後期高齢者の生徒さんが、あまりにもお元気で、初めて発表会に見学に来られた方は、驚かれています。音楽、歌が活力を与えてくれているのですね。そして、「やまとうた」も初めは難しいと思われるようですが、日本古来の言葉のリズムに自然に馴染んでいき、美しいメロディーと共に歌うことで身体に良い影響を与えているのでは・・と思いました。
春も間近、新しく「心の歌」の仲間が増えることを願っています。





「発表会がつなぐ輪」 - 2014.03.07 Fri

歌枕直美音楽教室 講師の岩城です。

春の発表会の日程調整をしています。一般的な教室では、ホールでの演奏が一日だけ行われます。うたまくら直美音楽教室では、春と夏はピアノ工房と茶論での発表会で、1回の出演者が約10名、見学の方と合わせて20名の和やかな雰囲気で4日間、7公演行われます。ソロの演奏の後に毎回、茶論で「和歌劇」か「やまとうた」の演奏があるのが、うたまくらの特徴です。

毎回、参加される方によって雰囲気は変わりますが、演奏される方も、見学の方も、その時間をとても楽しまれています。出演も1回だけではなく、ピアノは木曜日 やまとうたは日曜日、そしてディナーに参加する、という方が、複数おられます。

先日、日程のご相談をしていたら「ピアノソロも連弾もあるし、やまとうたもあるから、3回出演します」と言われる方、「2回出演するので、日程は先生が決めてください」と言われる方など、快く何回も出演いただいています。それは、自分が演奏するだけではなく、皆さんの演奏を聴く楽しみ、歌枕主宰手作りのランチやディナーをいただくのも楽しみ、発表会の時間、空間を全て楽しみとして捉えてくださっています。

普段のレッスンでは、会うことのない生徒さん同士が「発表会で会いましょう」と同じ日に参加されるのも素敵なことだと思います。今回、初めて出演してくださる方もおられます。少しずつですが、仲間の輪が広がっていくようで、とても楽しみです。





楽譜修正 - 2014.03.03 Mon

先日のやまとうたセミナーで長歌をとても良いリズム感で歌われた方がおられました。
歌詞が心地よく響いてきます。
“しっかり、歌詞を読んで来られましたね”
歌枕主宰は歌を聴いただけで、このことにすぐ気付かれた様子です。
“はい、何度も歌詞を縦読みして来ました”

今、楽譜を改訂していまして、曲のイメージと楽譜とを統一させるという方向での指示が歌枕主宰からどんどん送られてきます。
今まで限られたスペースに納める事だけで精一杯だったオリジナル楽譜が、どんどん美しくなっていくので嬉しい反面、膨大な作業が待っています。
そして、自分が信じていた感覚が覆されるのも少し面白く感じています。
今の作業は一人ではなく連携作業なので心強く、一冊の楽譜に対するみんなの思いが深まっていくようです。
それを使ってレッスンして頂く先生方が生徒さんに音楽の神髄を伝えて頂けるような、そんな楽譜ができそうです。
歌詞も1冊の中にまとめ、そのページを開いて何度も読み返して頂ける様にという指示もきています。
さあ今週から楽譜改訂作業開始です!

曽和




NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

歌枕直美音楽教室

Author:歌枕直美音楽教室
-芸術に感謝する-
音楽は生涯の友になります。音楽は生き方そのものにつながり、支えとなる力も持っていると信じています。

リンク

このブログをリンクに追加する

最新記事

カテゴリ

発表会レポート (93)
主宰 歌枕直美エッセイ (11)
未分類 (130)
教材・講師セミナー (34)
レッスンレポート (114)
徒然 (191)
コンサート関連 (63)
うたまくらピアノ工房〜子供レッスン (10)
生徒さん紹介 (16)

最新コメント

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

最新トラックバック

FC2カウンター