topimage

「時代を語るピアノの響き」  - 2014.05.30 Fri

歌枕直美音楽教室 講師の岩城です。

6月1日、2日はピアノ工房一周年記念の「時代を語るピアノの響き」が行われます。
ピアノ工房が新しくなり、あっという間に月日が経ちました。普通なら出会えないような数々の楽器と出会い、考えてみればかなり贅沢な空間に、当たり前のように居ることができたんだなぁ・・・としみじみと感じています。
この一年で、生徒さんの家にお嫁に行ったピアノが数台あります。これは、ご縁だと思います。
ある方は「慣れるのに時間が少しかかりましたが、今では自分のピアノが一番だと思います」と言われています。ピアノも生徒さんも幸せになるなんて、素敵なことだと思います。

先日、1932年製のプレイエルのグランドピアノと、新しいスタインウェイのグランドピアノがピアノ工房にやってきました。プレイエルは、ショパンが愛したピアノで有名ですが、その当時の響きを残したピアノということで格別なピアノです。スタインウェイもコンサートホールに行けば、出会えるピアノですが、いつも見える所に居てくれるというのも嬉しいことです。

歌枕主宰は、コンサートでいつもその楽器に合う選曲をされます。大変なことですが、演奏を聴かせていただく私たちは、とても楽しみです。一台ずつの響きの違いを体感できる教室は全国を探してもないのではないでしょうか。
参加くださる生徒さんは、レッスンの時、時間の確認や「次にお会いするのは2日ですね」というのが合言葉になり、皆さんが楽しみにしてくださっているのがわかります。
歌枕直美音楽教室の生徒さん、講師はその贅沢な楽しみを知っています。まだ、ピアノの音色の違いを体感したことのない方は、是非お越しいただきたいと思います。目から鱗です。




「5月のやまとうたセミナー」  - 2014.05.23 Fri

歌枕直美音楽教室 講師の岩城です。

昨日、5月のやまとうたセミナーがありました。
発表会が終わり、皆さん新曲で新たにスタートされました。
歌詞の対訳を読み、歌枕主宰から説明を聞くと、より深く詩情がわき歌い方もすぐに変わられました。
今回は、「恋の歌」が多く、一途に思い続ける乙女の気持ちに触れることができました。
歌枕主宰から「この歌を絵にかくとしたらどんな絵をかきますか」という質問され全員が答えました。「浅瀬の川に水が流れ・・」と誰一人同じ答えにはなりませんでした。すぐにイメージできる皆さんの想像力の素晴らしさに感動しました。その答えを聞きながら私も情景が広がり万葉の時代の乙女の気持ちになりました。普段では、現実的過ぎて、イメージすることもないのですが、イメージトレーニングも必要だな、と思いました。心が豊かになったような気がしました。

セミナーでは歌を歌うのは当然なのですが、総合的なレッスンを受けているのだと思います。歴史、時代背景、和歌からイメージすること、歌のセミナーなので、発声、と学ぶことはたくさんあります。一つ一つ丁寧に、毎回積み重ねることで力がついてきているのだと改めて感じました。セミナーも2年が過ぎどんどん深く、内容も濃くなっています。

毎回、木曜日のセミナーの様子をお知らせし、土曜日のセミナーの方にプレッシャーを与えてしまっているかもしれません。顔ぶれも変わるので、いろんなカラーがあります。
土曜日のセミナーもきっと深い内容になると思います。楽しみです。




「當麻寺コンサート」 - 2014.05.15 Thu

歌枕直美音楽教室 講師の岩城です。

いよいよ5月17日、18日は歌枕主宰の當麻寺での和歌劇「中将姫」の公演です。
生徒さんも皆さん楽しみにされています。

先日のレッスンの時、生徒さん同士がご一緒にコンサートに来てくださるのですが、待ち合わせ場所の確認や「朝から出かけて、お昼を食べて、當麻寺のお庭をゆっくり見ましょうね」とコンサートまでの時間も楽しみにされていて「歌枕先生のコンサートの日」として計画をされています。
また、家の用事で大変と言われていた方も、調整してくださり、「ぎりぎりになりましたが行けるようになりました」とお返事をくださいました。

レッスンの時、発表会の感想などのお話で盛り上がるかと思ったら、発表会は「遥か彼方昔」という感じで、「コンサートの日は、何時に行けばよいでしょうか」など気持ちは當麻寺に向いています。
生徒さんでありながら、歌枕直美友の会の支部長をしてくださっている方は、ご近所の方、お知り合いの方へのお声掛け、精力的でありながら繊細なお心遣いを持って動いてくださり、たくさんの方がお越しくださいます。本当に凄いことだと感動しています。この場を借りてお礼申し上げます。

今日もレッスンでは、電車はどの線に乗るか、どちら回りで行くか、ということの話題が続いていました。私も、当日が今から待ち遠しいです。





「レッスンでの嬉しいこと」 - 2014.05.08 Thu

歌枕直美音楽教室 講師の岩城です。

最近のレッスンでの生徒さんの様子です。
春の発表会に出演する予定だった小学3年生の女の子が、インフルエンザになり発表会に出られなくなりました。発表会をとても楽しみににし、はりきっていたのでかなりのショックだったようです。お母さんからご連絡があったのですが、その横で泣いている、というのです。お医者様から外出許可が出ないと、外にはでられないし、どうすることもできませんでした。
このままでは前に進めない、と思い、レッスンの時に「ひとり発表会」をしました。
いつも一人でレッスンに来るのですが、お母さんにも来ていただき、2人が観客になりました。発表会で演奏する予定だった2曲を弾き終わると、すっきりしたようでした。頑張ったので、合格の丸をつけ、次の宿題の曲を決めました。楽しそうに帰って行きました。

また、今年から、数年ぶりにレッスンに来られた、60代の生徒さん。
ペダルの踏み方の練習をしていたら「家のピアノは響き過ぎて弾きにくい」といわれるのです。何年も調律をされていないので、きっとそれが原因だと思い、すぐに調律をしていただきました。
そして、調律後、どうだったかお聞きすると「すっきりしてペダルを踏んでもうるさくなくなりました。前は、調律の意味がわからなかったのですが、調律の大切さがわかりました」といわれました。

また、先日、旅行先で知り合った方が、ピアノの先生だったようで「私も今年からピアノを習っています。私の教室はべヒシュタインなんですよ」と言うと、その方が驚かれたようです。
「私の習ってる教室の歌枕直美先生ご存知ですか。万葉のCDを出されていて・・」と教室の自慢をされたようです。

数年ぶりにレッスンに来られ、わずか4カ月で、すっかり「歌枕直美音楽教室の本当の生徒さんになられて、驚きと嬉しさで、心が暖かくなりました。すぐにレッスンを辞められるのではないか、と心配していましたが、安心しました。
何だか今日は、ほっこりとした気持ちです。
また、生徒さんの「良い話」をご報告させていただきます。





「春の発表会Part2」 - 2014.05.01 Thu

歌枕直美音楽教室 講師の岩城です。

4月24日から29日まで行われた春の発表会も、5歳から80歳までの生徒さんの熱演で充実した内容で、7公演を無事終えることができました。

子供さんは、前回よりも確実に力をつけられ、自分の音楽を表現されていました。初めて出演された子供さんも緊張はされていましたが、演奏が始まると堂々たるものでした。
同じ曲を演奏される方がおられましたが、同じにならないのが歌枕直美音楽教室です。お一人ずつに音楽があり、その世界に吸い込まれていくようでした。そして、何より子供らしく素直な表現に感動がありました。

大人の方は「演奏していて手が震えているの見て緊張しました。なぜ、手が震えているのか自分でもわからず、震えを止めることはできませんでした」と言われていました。でも、全く緊張されているとは思えないほどしっかりと演奏されていました。

和歌劇に出演された方は、個人レッスン、合同練習と積み重ねてこられ、みんなでやり遂げたという、個人では味わえない充実感を感じられたようです。
やまとうたコーナーも「話すのが苦手」と言われる方も、曲の内容や情景など心にすっと入ってくる説明でした。

発表会が終わり、レッスンに来られた生徒さんは、早速、夏の発表会の選曲しました。
「ピアノソロは何が良いかな、歌は何が良いかな」みなさん、1曲ではないのです。そして、早い方は冬の曲まで決まっています。年3回の発表会は決して多くないのです。その目標に向かって練習されるので充実しているようです。
もう、夏の発表会に向けて着々と準備が進んでいます。
みなさん、夏の発表会、宜しくお願いします!





NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

歌枕直美音楽教室

Author:歌枕直美音楽教室
-芸術に感謝する-
音楽は生涯の友になります。音楽は生き方そのものにつながり、支えとなる力も持っていると信じています。

リンク

このブログをリンクに追加する

最新記事

カテゴリ

発表会レポート (92)
主宰 歌枕直美エッセイ (11)
未分類 (130)
教材・講師セミナー (34)
レッスンレポート (113)
徒然 (191)
コンサート関連 (63)
うたまくらピアノ工房〜子供レッスン (9)
生徒さん紹介 (12)

最新コメント

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

最新トラックバック

FC2カウンター