FC2ブログ
topimage

「クリスマス忘年会」 - 2014.12.26 Fri

歌枕直美音楽教室 講師の岩城です。

年末最後の行事、クリスマス忘年会が20日~26日まで行われています。本日26日は最終日です。教室の生徒さん、歌枕直美友の会の方、楽器関係の方などうたまくらに関わっていただいている方々にお越しいただきました。

毎年、ご参加いただいている生徒さんは、クリスマス忘年会で演奏する曲も早くから準備され、一年の締めくくりとして参加を楽しみにされています。今回、初めて参加された生徒さんも堂々たる演奏でした。初めは「人前では演奏できません。まだ早いです」と言われていたのですが、演奏してみて「案外、大丈夫」と思われたようです。これを機会に春の発表会に出演してくださることを願っています。

また、1月の発表会の予行練習として演奏された方もしっかり出来上がっている方、反省を含め「年末年始で練習します」という方、様々でした。

「心の歌」の生徒さんも6名参加くださり、大変盛り上がりました。6名が一体となり、心が通い合ったようです。レッスンだけではなく、茶論で語らいながら、歌枕主宰の手料理を味わうことでもっと深く結びついたように思います。そして、この気持ちを持ち続け1月の発表会では、本当の「心の歌」を歌っていただきたいと思います。
1週間と長いようですが、濃厚な日々があっという間に過ぎ去りました。最後1日、きっと熱気に包まれた時間となることでしょう。
今年の教室ブログは今日が最後です。また、来年もどうぞ宜しくお願いします。




「クリスマスコンサート」 - 2014.12.19 Fri

歌枕直美音楽教室 講師の岩城です。

クリスマスシーズンとなりました。
教室でもクリスマスコンサートが、13日には、ピアノ工房で、14日には宮野教室と富田教室で行われました。お客様は、生徒さんが中心で、いつも楽しみにしてくださっています。
今回の演奏は、岩城智穂、歌枕美和のフレッシュな二人、教室の中心である曽和先生の伴奏でした。Facebookでもご紹介していますので、ご覧ください。

ご参加くださった生徒さんからは「2、3日前は色々と大変で、気持ちが落ち込んでいましたが、コンサートを聴いて、とても楽しく、スッキリしました」「曲目の解説がわかりやすく、自然に音楽へと導かれました」「本当に楽しかったです。ありがとうございました」などのご感想をいただきました。
教室も活気づき、明るくなったように思います。クリスマスに限らず、四季折々の行事など季節感も大切だと思いました。

ピアノ工房のコンサートでは、子供さんから年配の方まで幅広い年齢のお客様に聴いていただきました。初めてうたまくらのコンサートを聴かれた方は、「お客様の層が違う。レベルが高い。うたまくらは普通ではない」と関心されていました。いつも、同じ顔ぶれなので、それが普通になっていましたが、外から見ると違うというのも改めて気付き、嬉しいことでした。

クリスマスはこれからが本番。20日から26日まで茶論でクリスマス忘年会があります。
歌枕主宰はお料理の準備で大忙しです。1週間と長いようですが、あっという間に過ぎると思います。クリスマスにしかお目にかかれない方もあるので、今からとても楽しみです。




「12月のやまとうたセミナー」 - 2014.12.12 Fri

歌枕直美音楽教室 講師の岩城です。

昨日、12月のやまとうたセミナーがありました。今回は、ヴォイスレッスンに来られている生徒さんが、初めて聴講に来てくださいました。
今回は、初めてご参加の方に向けて、歌う前に自己紹介と曲目の説明、ご自分の思いなどをお話してから歌いました。Iさんは「歌を歌うのなら、万葉集や古事記など、美しい言葉の歌を歌った方が良いですよ」とメッセージをくださいました。
また、発表会に向けて、仕上げの段階にはいりました。歌っている時だけでなく、前奏、間奏、後奏と歌っていない時の気持ちの持って行き方、表情の練習をしました。視線の位置、一歩下がる、出るというだけでも曲全体が変わってきます。歌う曲によっても動きが変わってきます。Iさんは「動きも練習します」と即答され、歌に対する熱意が伝わってきました。

初めて聴講してくださった生徒さんは、感じるところが沢山あったようです。生き生きと、素直に声を出し歌われている皆さんの姿に感動されたようです。
その後、すぐにレッスンをさせていただきましたが、セミナーの効果があったのか、声の出し方が変わりました。「皆さんが歌われている姿、注意されていることを客観的に見させていただいて、本当によくわかりました。目からウロコです」と言われていました。とても素直な方で、ピアノ、山下和さんの絵、うたまくらにある全ての物に感動されていました。
帰り際に「今日は、夢のようなひと時をありがとうございました」と一言。私の方が、その言葉に感動しました。
今日は、とても嬉しいセミナーでした。





「1月 発表会の練習」 - 2014.12.05 Fri

歌枕直美音楽教室 講師の岩城です。

1月の発表会も、あと1ヶ月余りとなりました。現在の状況をお伝えします。
先日のレッスンの時のことです。ピアノを弾かれる生徒さんで、譜読みもでき、余裕のはずだったのですが、曲想をつけ仕上げの段階になり、思うように弾けず苦戦されています。
「弾けているから余裕、と思っていたのに出来上がらない。どうしましょう」と少し焦りが出てきました。

ミュージカルコーナーに出演の80歳の方は、「歌枕先生からふわっとしたドレスにしてください、と言われました。今までに着たことのない色にしようと思います。ピンク、ブルー、何色にしましょう?パニエをはいてスカートを膨らませます」とお話くださいました。その表情は、とても楽しそうに乙女のようにキラキラと輝かれていました。

また、レ・ミゼラブルの練習では、ソロの方も形になってきました。リズム通りに歌うのが難しく、速すぎたり遅れたり、とどうなることかと心配していましたが、伴奏に合わせて歌えるようになられました。
コーラスは、最初から最後までソロの方を盛り上げなければなりません。囚人、少々下品な女性達、青年と場面に合わせて声や歌い方を変えなければなりません。難しい、難しい、と悩む日々でしたが、先日の練習で歌枕主宰から「囚人はバッチリ」とお褒めいただきました。
女性だけで男声を出します。前半は好調ですが、後半はもう一息です。50分と長い作品ですので、途中で切れることなく、気力を持って最後まで歌い切りたいと思います。




NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

歌枕直美音楽教室

Author:歌枕直美音楽教室
-芸術に感謝する-
音楽は生涯の友になります。音楽は生き方そのものにつながり、支えとなる力も持っていると信じています。

リンク

このブログをリンクに追加する

最新記事

カテゴリ

発表会レポート (95)
主宰 歌枕直美エッセイ (11)
未分類 (130)
教材・講師セミナー (34)
レッスンレポート (115)
徒然 (191)
コンサート関連 (64)
うたまくらピアノ工房〜子供レッスン (10)
生徒さん紹介 (16)
ヴォイスレッスン (6)
和歌劇 (2)

最新コメント

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

最新トラックバック

FC2カウンター