topimage

「春の発表会の準備」 - 2015.01.30 Fri

歌枕直美音楽教室 講師の岩城です。
1月の発表会が終わり2週間近く経ちましたが、まだ余韻が残っています。
発表会が終わり2回目のレッスンというのに、まだ発表会の感動を話続けられる生徒さんもいらっしゃいます。「歌枕直美音楽教室を信頼し、努力をされた方が素晴らしく成長されているのだと思います」「レ・ミゼラブル、感動しました。レベルの高さに驚きました」という嬉しい感想を聞くことができました。

そして、春の発表会の準備が始まっています。うたまくらの主軸でもある和歌劇は生徒さん主演で「聖徳太子」「アマテラス」「サホ姫」の3作品を上演することになりました。今から、楽譜、台本をお渡しし、練習日程の調整に入ります。主役になった生徒さんは、楽譜と台本が早く欲しいと心待ちにされています。真剣に取り組んでくださる心意気に感動しています。
日々、レッスンでは曲目が決まっています。「この曲はきれいだけれど難しいでしょうか。でも頑張ってみます」「弾き語りをしたいけれどピアノに気が取られ声が出なくなる。やっぱり歌だけにします」など皆さん、試行錯誤されています。

春の発表会は、うたまくらピアノ工房、茶論で、アットホームな雰囲気で行われます。ご自分が演奏するだけではなく、演奏を聴くことも楽しみにされています。1回ではなく、2回、3回出演される方もありますが、それも当たり前になってきました。私たち講師も早く曲をきめなければ・・と焦っています。




「春の発表会に向けてスタート」  - 2015.01.23 Fri

歌枕直美音楽教室 講師の岩城です。
教室の新年の大きな行事、発表会が盛況に終えることができました。
発表会が終わり、数日ですが、レッスンに来られた生徒さんは、もうスイッチが切り替わっています。「ピアノソロはこの曲で、やまとうたはこの曲で、もう1曲連弾をしたいのですが・・」という訳で連弾の曲を決めました。何曲かお勧めしたところ「この曲は夏の発表会で弾きます」と言われ、夏の発表会の曲まで決まりました。また「和歌劇の作品が決まるまで、ミュージカルの曲を練習します」という生徒さんも・・皆さん、常に並行して何曲も練習するのが習慣になり、1曲だけでは物足りないようです。このハイペースで進まれる生徒さんに圧倒されています。
発表会が終わり数日で、春の発表会の曲目は着々と決まっています。

また、見学に来られていた生徒さんからは、「無料で楽しませていただいてありがとうございました。お金を払っても聴く価値があります。本当に素晴らしい演奏でした。自分が歌枕直美音楽教室の生徒であることを誇りに思います。」とその時の感動を話し続けられていました。また、「やまとうたコーナーに出演されていた方が、素晴らしく上達されているのに驚きました。舞台に立つためには、それなりの努力がなければ無理だと思います。皆さんが、日々頑張られている姿が歌を聴いて見えてきました」という感想もいただきました。
聴いてくださる生徒さんも、素晴らしい感性だと思います。
皆さんが刺激仕合い、次への活力となったようです。
そして、今週からは、春の発表会に向けてスタートしました。




「発表会、直前」 - 2015.01.16 Fri

歌枕直美音楽教室 講師の岩城です。

教室の新年の大きな行事、発表会が、いよいよ明後日となりました。
1月12日、ミュージカルコーナー、「レ・ミゼラブル」の合同練習が終わりました。最終の練習とあって、皆さんの意気込みも凄く、今回、新しく若者、子供も加わりとても良い仕上がりとなっています。「レ・ミゼラブル」は何度か演奏する機会がありましたが、初回の時、リトルコゼットとガブロウシュを演じてくれた子供さんは、現在、高校受験のため猛勉強中。月日の過ぎ行くのを感じます。数年前に演奏した時よりもバージョンアップしていると信じ、本番に臨みたいと思います。

そして、1月の「やまとうたセミナー」が10日と15日にありました。セミナーの前後では、本番と同じようにパーカッションと合わせての練習も行いました。お一人ずつが、曲の世界観を表現されていて、素晴らしいと思いました。また、手の動き、動作の練習ということで着物を着てこられた方がありました。当日、着物を着て歌われる方も参考になったようです。歌うことだけではなく、トータルで「やまとうた」の世界を表現されている皆さんに、感動しました。そして、毎月、セミナーを受講し、人前で歌うことにより、一層磨きがかかっていることも改めて感じました。
発表会に向けての情熱を感じる、演奏でした。
きっと濃厚な、充実した発表会になると信じ、あと1日、最後まで気を抜くことなく頑張りたいと思います。




「新年、教室スタート」  - 2015.01.09 Fri

歌枕直美音楽教室 講師の岩城です。

あけましておめでとうございます。今年も宜しくお願いします。

新年、レッスンに来られた生徒さんから、「子供と孫が帰って来て、楽しいけれど大忙しでした。」「主人と二人で旅行に行きました。おせち料理も作らなくていいので、ゆっくりしました」など、お正月の様子をお話くださいました。
しかし、ゆっくりする暇もなく、新年から1月18日ムラマツホールでの発表会に向け、練習が始まっています。5日は、やまとうたコーナーの伴奏合わせのレッスン、8日はミュージカル「レ・ミゼラブル」の合同練習と最終調整に入っています。

皆さんの発表会に向ける意気込みが凄く、気迫ある練習となっています。18日を目指し、頑張りすぎて疲れないように、また、本番で持っている力を発揮できるように、と工夫されています。きっと、昨年よりバージョンアップした発表会になると思います。教室の皆で作り上げる発表会、一人でも多くの方に聴いていただきたいと思います。
新年、良いスタートが切れるよう、どうぞ宜しくお願いします。




NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

歌枕直美音楽教室

Author:歌枕直美音楽教室
-芸術に感謝する-
音楽は生涯の友になります。音楽は生き方そのものにつながり、支えとなる力も持っていると信じています。

リンク

このブログをリンクに追加する

最新記事

カテゴリ

発表会レポート (92)
主宰 歌枕直美エッセイ (11)
未分類 (130)
教材・講師セミナー (34)
レッスンレポート (113)
徒然 (191)
コンサート関連 (63)
うたまくらピアノ工房〜子供レッスン (9)
生徒さん紹介 (12)

最新コメント

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

最新トラックバック

FC2カウンター