topimage

「やまとうたのレッスン」 - 2016.09.30 Fri

歌枕直美音楽教室 講師の岩城です。
教室では小学生から80代の生徒さんがやまとうたを歌われています。
小学5年生のYちゃんは「大和三山」を歌っています。小学生には畝傍山、耳成山、香具山の三角関係の歌はふさわしくないと思ったのですが「楽譜に載っている曲は全部歌いたい」と言うので歌いました。レッスンで2.3回歌っただけで伴奏に乗って歌っています。「もう覚えたの?」と聞くと「うん」と答えたので「ミュージカルやいろんな曲を歌ってみようか?」と言うと「やまとうた以外は歌いたくない」と言うのです。今は、歴史にも興味を持ち、“やまとうた”が大好きなようです。幼稚園の頃からずっと“やまとうた”を聴いて育ってきました。「先生、秋やから次は“秋の七草”を歌わなあかんなぁ・・」と言うのです。季節に合わせた曲を歌うという感覚も育っています。“やまとうた”が自然に馴染み溶け込んでいるのが感じられ嬉しいことです。来週のレッスンでは、Yちゃん希望の“秋の七草”を歌います。

ここをクリックすると“秋の七草”をご視聴いただけます


「新入会の秋」 - 2016.09.23 Fri

歌枕直美音楽教室 講師の岩城です。
台風も過ぎ去り、一雨ごとに涼しくなり、夜には虫の鳴き声も聞こえ、秋が深っていくのを感じるこの頃です。
秋は新入会の季節です。小阪カルチャー、カルチャー鳳も新講座のチラシが配布されています。
先日、カルチャー鳳のヴォイストレーニングの講座で体験レッスンがありました。60代女性で甲状腺の手術を3年前にされ、声を出した方が良いと医師に言われ、歌うことを決められました。小さな声ですが、手術をされたとは思えないほどきれいな声でした。中学、高校とコーラス部に所属されていたようで、歌が好きということが伝わってきました。「カンツォーネ、イタリア語の曲やポピュラー、何でも歌ってみたい。ディズニーも大好き」と言われたので「星に願いを、はどうですか?」と聞くと「星に願いを は好きな曲です。歌ってみたいです」と言われたので、この曲から始めることにしました。
新しい方が来てくださるのは嬉しいことです。教室を通して多くの方とお会いできることを喜びと感じています。

「子供のレッスン」 - 2016.09.16 Fri

歌枕直美音楽教室 講師の岩城です。
毎月行っている講師セミナー、7月から子供セミナーを6回シリーズで行うことになっていましたが、より内容を深めるために急きょ8回シリーズに変更させていただきました。講師は、より充実した「うたまくら」のレッスンを目指し研鑽を積んでいます。しかし、現実はなかなか理想とは程遠く頭を悩ませています。

小学5年生のMさんのレッスンです。始める前に「運動会の練習があるし、宿題もいっぱいあるから1ヵ月は練習ができない」と言うのです。1回も弾いていないというのが毎週続いています。テクニックの練習曲では、4小節のフレーズを白鍵のみ全移調します。初めは譜読みで、さぐりながら弾いています。どうしたものかと思いながらのレッスンです。でも、1ヵ月もすればその調整に合うように鍵盤に手が納まってきます。移調の練習はずっとやり続けていることなので、この曲に限らず調整がしみ込んでいっているのだと思います。
今の子供さんは習い事も多く忙しいので、なかなか練習できないようです。レッスンの時間を有効に使うしかありません。私がいつも言っているのは「帰ったらすぐに1回は弾いてね。おやつを食べるより先に!」と。すぐに復習することで少しでも効果はあります。子供さんによって伸びる時期も違うので、気長にやるしかありません。時代とともに子供レッスンも変わってきています。練習していなくてもレッスンに来ると楽しそうにしているので、嫌いではないのだと思うと少し安心します。とにかく諦めないで頑張ろう、と心に誓っています。

「新たな気持ちで」 - 2016.09.09 Fri


歌枕直美音楽教室 講師の岩城です。
9月になり新たな気持ちでレッスンをスタートさせました。
今年の夏は特に暑かったので、年配の生徒さんは体調不良などの理由でお休みされる方もありました。宮野教室でも7.8月は毎回どなたかがお休みという日が続きました。しかし、9月の声を聞いた途端、誰も休むことなく来られました。

体調不良だったMさんは「家の中にずっといたのでピアノの練習と読書だけをしていました」と言われ、その通りとてもよく練習されていました。レパートリー集クラシックの「木星」は楽譜通り両手で、「調子の良い鍛冶屋」も前半だけですが両手で「花のワルツ」も前半を両手で弾いてこられました。「先生が半分でいい、と言われたから半分だけしてきました」と言われました。わずか2週間でこれだけ弾けるようになるなんて凄すぎます。私は無理をしないように「半分」と言いましたが、3曲も練習されるとは思っていませんでした。
久しぶりに歌われたKさんは「声が出ないのではないかと心配しましたが、出て嬉しかったです。生のピアノ伴奏で歌えるなんて贅沢なことです。音楽を趣味に選んだのは間違いなかったです。あ~楽しかった」と言って帰られました。
レッスンに来られることで、皆さんが元気に明るくなってくださり、有り難いことです。もうしばらく暑い日が続きますが、涼しくなるのを心待ちにし、レッスンに励みたいと思います。

「夏の発表会を終えて」 - 2016.09.02 Fri


歌枕直美音楽教室 講師の岩城です。
夏の発表会は、21日、25日、28日と3日間行われ、6回の公演は無事終えることができました。
今回は、全ての部において落ち着いた雰囲気で、集中力の高い演奏でした。
毎回、発表会に出演されているSさんは「10年以上毎回、出演しているのに緊張しました。ただ、初めの頃のように頭が真っ白になることはなくなりました。いつになったら緊張しなくなるのでしょうか」と言われていました。

28日午前の部では、初出場の子供さんが多かったのですが、落ち着いて演奏され、それぞれの個性が輝き、とても初めてとは思えない演奏でした。また、見学に来られた親御さん、おじいさん、おばあさんと、ご家族の方が大変喜ばれていました。毎回、出場されている子供さんの親御さんは、回数を重ねるごとに成長していることにとても喜ばれていました。

また、大人の生徒さんで初めて会われた方同士もお茶の席で話が弾み、それぞれに刺激を受け合われ、次に向けての意欲が高まったようです。「とても楽しかったです」「皆さんの演奏が良かったです」などの感想をいただきました。
今週からは、1月の発表会に向け、曲目も確定していきたいと思います。
夏の発表会、講師、生徒の皆さまお疲れさまでした。ありがとうございました。
1月も宜しくお願いします!



NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

歌枕直美音楽教室

Author:歌枕直美音楽教室
-芸術に感謝する-
音楽は生涯の友になります。音楽は生き方そのものにつながり、支えとなる力も持っていると信じています。

リンク

このブログをリンクに追加する

最新記事

カテゴリ

発表会レポート (92)
主宰 歌枕直美エッセイ (11)
未分類 (130)
教材・講師セミナー (34)
レッスンレポート (113)
徒然 (191)
コンサート関連 (63)
うたまくらピアノ工房〜子供レッスン (9)
生徒さん紹介 (12)

最新コメント

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

最新トラックバック

FC2カウンター