FC2ブログ
topimage

「ヴォイスレッスンvol.6~ライブ活動~」 - 2018.09.18 Tue

吹田教室ヴォイスレッスンを受けられているNさん(33)は、大学時代ア・カペラサークルに所属されていました。そのメンバーの一人がヴォイスレッスンに来られていて、その生徒さんの紹介で入会されました。
Nさんは会社にお勤めでしたが、うことが大好きで、ライブ活動も続けてこられました。でも、もっとえるようになりたい、とヴォイスレッスンを受けることにされました。いつもはポピュラーの曲をマイクでわれていて、自己流で鼻にかかったい方でした。余分な力を入れないで真っすぐに声を出すことにしました。レッスンは発声中心で、やまとうたで美しい日本語に自然な響きを乗せる練習を積み重ね、5年が過ぎました。着実に声がでるようになり、最近のライブでは友達から「声が出るようになったね」「とても良かったです」というお声がかかるようです。レッスンでも少しアドバイスするだけで、声がはまり、ご自分でコントロールして声がだせるようになってこられました。Nさんにとって「」は欠かせないもの。ヴォイスレッスンに通うことも生活の一部となり、充実した日々を過ごされています。そして、お知り合いの方にも枕直美音楽教室の存在をお話ししてくださっています。

歌枕直美音楽教室 講師 岩城喜美子岩城写真85


「ヴォイスレッスンvol5~スサノヲ~」 - 2018.09.11 Tue

ヴォイスレッスンに来られて約1年のOさん(21歳)は保育士をされています。「子どもたちに声でまけないようになりたい」とのことで、レッスンに来られました。職場の子ども園でも生かすことができるように、発声とともに子どもの歌を練習されました。今年の春の発表会の際に初出演してくださり、やまとうたを聴いてくださいました。すると、日本史がお好きなことが分かり、やまとうたを歌ってくださるようになりました。夏の発表会のではOさんお手製の指人形を使って、「ピクニック」を歌ってくださり、客席からは思わず一緒に下のパートを歌ってしまう方がいらっしゃるぐらいOさんの魅力いっぱいの歌でした。もう1曲はやまとうたより「千曲の恋」を歌ってくださり、とても初々しく、新鮮な演奏でした。
Oさんが日本史に興味を持たれたのは好きだった宝塚歌劇団ではじめて劇場でみたのが「スサノオ」で、そこから日本の神話に興味を持たれ、日本史が好きになったとのことでした。歌枕主宰の和歌劇の中にもスサノヲのお話があり、やまとうたがあります。普通ではなかなかない共通点があり、これからやまとうたの世界を触れていただくことで古事記の世界もきっと違う角度で感じていただけるのではないかと、これからが楽しみです。
歌枕直美音楽教室 講師 岩城智穂智穂写真85

「ヴォイスレッスンvol.4~声を出すこと~」 - 2018.09.04 Tue

先日の夏の発表会で初主演してくださったKさんは大学1回生で、大阪芸術大学放送学部に通われています。人前でもしっかり声を出せるようになりたいとレッスンに来られました。もともとは声優になりたいと声優養成所に通われていましたが、「声優」という枠ではできることが限られていると思い、もっと広く学びたいと大学に進学されました。将来は表現者になりたいとレッスンを励まれています。ミュージカルなどにも興味があり、さまざまなことをこれからたくさん勉強して、知っていきたいととても意欲的です。
先日の発表会では、演奏される前は思ったように声が出せなかったらどうしようと、とても緊張されていましたが、表情豊かに見事に歌ってくださいました。これからどのように成長されるか楽しみです。
歌枕直美音楽教室 講師 岩城智穂智穂写真85

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

歌枕直美音楽教室

Author:歌枕直美音楽教室
-芸術に感謝する-
音楽は生涯の友になります。音楽は生き方そのものにつながり、支えとなる力も持っていると信じています。

リンク

このブログをリンクに追加する

最新記事

カテゴリ

発表会レポート (95)
主宰 歌枕直美エッセイ (11)
未分類 (130)
教材・講師セミナー (34)
レッスンレポート (115)
徒然 (191)
コンサート関連 (64)
うたまくらピアノ工房〜子供レッスン (10)
生徒さん紹介 (16)
ヴォイスレッスン (6)
和歌劇 (2)

最新コメント

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

最新トラックバック

FC2カウンター