FC2ブログ
topimage

「発表会報告〜うたまくらピアノ工房合唱団〜」 - 2019.01.29 Tue

190129-01.jpg


190129-02.jpg



今回の発表会のフィナーレを飾ったうたまくらピアノ工房合唱団は、年に一度、新春発表会で演奏をします。合唱団はピアノ工房の技術者、さまざまな年齢層の生徒様、講師が歌い、伴奏は小学生6年生の男の子2人がつとめてくれました。
伴奏をつとめてくれた男の子たちは、学校の合唱コンクールで伴奏をやりたいと自ら手をあげて立候補した子たちです。レッスンではなかなか上手く弾けず、めげそうになりながらも頑張りました。伴奏はソロの演奏とは違い、指揮を見ながら止まらずに演奏しないといけませんが、一生懸命に練習し、伴奏するする姿は頼もしく、団員も心合わせて歌いました。歌枕直美音楽教室らしい会場のお客様とも心が一つになるフィナーレとなりました。


歌枕直美音楽教室 講師 岩城智穂智穂写真85

「発表会報告~八十路の青春~」 - 2019.01.22 Tue

190122-01.jpg


190122-02.jpg


190122-03.jpg


今回の発表会で特にたくさんの方が驚かれたのが、八十路の青春コーナーです。80歳以上の生徒様3名に演奏していただきました。
Sさんは85歳で、教室に来られて20年になります。年3回ある発表会は必ず新曲に挑戦され、今回も2曲演奏いただきました。1月のホールでの発表会はドレスを着て演奏されることを楽しみにされ、Sさんが登場された際には会場から「わー!!」というお声がたくさん聞こえてきました。
Yさんは83歳で、現役で朗読の先生をされています。演奏前には朗読の先生ならではの印象に残った本のお話をしてくださいました。今回は新しいジャンルもってみたいとシャンソンにも挑戦され、曲目にあわせた真っ赤なお洋服で演奏してくださいました。
最後は昨年、80歳を記念したソロリサイタルを開催されたIさんです。今回3曲演奏していただき、そのうち2曲が新曲を演奏されました。堂々と貫禄のある演奏で、フィナーレに向けて会場の集中力を高めてくださいました。
3名とも八十路の青春、真っ最中で、学ぶ姿勢、またそのエネルギーはとても素晴らしく、みなさんの目標となっています。

枕直美音楽教室 講師 岩城智穂智穂写真85

「2019 新春発表会 報告」 - 2019.01.15 Tue

190115-01.jpg 190115-02.jpg 190115-03.jpg


190115-04.jpg 190115-05.jpg 190115-06.jpg


1月13日(日)に歌枕直美音楽教室 新春発表会が開催されました。今回も小学1年生から85歳までの幅広い年齢層の方にご出演いただきました。ピアノソロ・連弾・歌ソロ・デュエットの演奏があり、また今回はやまとうた・八十路の青春・ミュージカルコーナー、うたまくらピアノ工房合唱団という歌枕直美音楽教室ならではのコーナーもありました。
やまとうたコーナーは毎回ご出演いただいている方、また10・20代の生徒さんにもご出演いただきました。歌う前に演奏する曲のお話があり、それぞれ曲の背景をよく調べられ、また自分の言葉として説明されており、演奏する曲だけでなく、お話も含め1曲トータルとして内容の濃いものでした。
ミュージカルコーナーでは、その曲をイメージした衣装を着られ、オペレッタ・ミュージカル・ディスコミュージックまでの幅広いジャンルの演奏がありました。ディスコミュージックの曲の途中では、発表会裏方をつとめているピアノ技術者の荒木がノリノリダンスを披露し、会場を盛り上げ、ソロの方は曲の世界が伝わってくる演奏でした。
また今回、学生の部にたくさんの小学生から中学生の方にもご出演いただきました。みなさん、緊張している様子が分からないほど堂々とした演奏でした。

ホールの発表会に初めてご出演していただいた方、毎回ご出演していただいている方、いろんな世代の方が5時間にも及ぶ発表会にご出演いただき、お互いに発見と刺激しあえる非常に濃厚な発表会となりました。また今回、嬉しい再会もあり、深い縁も感じました。

歌枕直美音楽教室 講師 岩城智穂智穂写真85

「アップグレード」 - 2019.01.08 Tue

190109-01.jpg


高槻宮野教室はレッスン使用しているピアノはフランスのラモーというグランドピアノです。音色はフランスらしい優美さと、華やかさがあります。またピアノを見ると、ピアノの中の鉄骨が赤く見た目もおしゃれに作られていることが特徴です。
そんなラモーは先日、長年使用したことで消耗したところなど、より弾きやすく、ラモーの音色を生かすためのアップグレードを行いました。うたまくらの技術者である荒木により作業は行われ、アップグレードしたラモーはより華やかな音色になりました。
先月開催された講師コンサートでもアップグレードしたラモーで演奏され、ラモーの魅力が生きるコンサートとなりました。
歌枕主宰の「はじめから本物に触れる大切さ」が生きている高槻宮野教室では、本物のピアノの音色でのレッスン、コンサートで、自然と生徒さんの音に対する意識も高まっています。

歌枕直美音楽教室 講師 岩城智穂智穂写真85

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

歌枕直美音楽教室

Author:歌枕直美音楽教室
-芸術に感謝する-
音楽は生涯の友になります。音楽は生き方そのものにつながり、支えとなる力も持っていると信じています。

リンク

このブログをリンクに追加する

最新記事

カテゴリ

発表会レポート (95)
主宰 歌枕直美エッセイ (11)
未分類 (130)
教材・講師セミナー (34)
レッスンレポート (115)
徒然 (191)
コンサート関連 (67)
うたまくらピアノ工房〜子供レッスン (10)
生徒さん紹介 (16)
ヴォイスレッスン (17)
和歌劇 (2)
高槻宮野教室 (1)
発表会 (3)
20年の成果 (3)
ハッピーマンデーコンサート (1)
教室主任の徒然日記 (3)

最新コメント

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

最新トラックバック

FC2カウンター