FC2ブログ
topimage

「うたまくらオリジナルピアノ楽譜①」 - 2020.05.26 Tue

200526-01.jpg


うたまくらオリジナルピアノ楽譜は、クラシック・ジャズ・ラテン音楽などの名曲を歌枕主宰が原曲の響き、イメージを生かしてピアノ曲へアレンジしたオリジナル楽譜です。ピアノソロの音楽からオーケストラ、ジャスバンド、オルガン曲などさまざまな楽器編成の曲をピアノソロや連弾で演奏できます。演奏を聴くと音の充実感があるので音符がたくさんの音符が書かれてあり、難しそうに感じますが、実際に楽譜を見ると音符の数が少なくて驚かれる方が多いです。たくさんの音を弾くではなく、曲の響きを生かす編曲となっているため、聴いている音と見ている音符の数は全く違います。お手本のCDで使用しているピアノは世界で500台ほどしかないイタリア製 名器タローネです。演奏するだけでなく、このタローネの演奏を聴くために購入される方もいらっしゃいます。お手本CD全てを歌枕主宰が演奏しています。ピアノ演奏の概念を覆すうたまくらオリジナルピアノ楽譜を耳で目で体験していただきたいです。

詳しくは…うたまくらショップ

歌枕直美音楽教室 講師 岩城智穂智穂写真85

「子供のための数字奏法譜③」 - 2020.05.20 Wed

200519-01.jpg


子供のための数字奏法譜も大人のための数字奏法譜と同様に、数字奏法譜の楽譜の位置を変えるだけで、自由に移調が出来ます。フラットやシャープがいくつあってどの調整で弾くという理屈から入るのではなく、音の感覚、手の形で弾いていきます。移調が得意な子は、調整にこだわることなく自由に調整を変えながら弾くことができます。また右手のメロディを覚えている子は探り弾きをしながら移調をする子もいます。黒鍵はフラットやシャープが付いて弾きにくいものではなく、白鍵と同じように捉えて弾くことで、黒鍵と白鍵の境なく同じ音として弾くことができます。88鍵を使い、自由に弾いていきます。そしてもう少し成長してからスケールへと繋げていき、感覚と理解を結びつけていきます。

枕直美音楽教室 講師 岩城智穂智穂写真85

「子供のための数字奏法譜②」 - 2020.05.12 Tue

20200512-01.jpg


数字奏法譜で両手で1音ずつで弾けるようになると、左手を5度にして弾きいていきます。ベース音と同じ色を5度の音に塗り弾きます。五線譜だと音符を読むのが苦手な子、小学生になる前の子は理解しにくい子もいますが、色で確認できるのでスムーズに和音で弾けるようになります。何曲か弾いていくと子供たちも「次はこの形で弾く」と5度の形を覚え、自然と和音での演奏ができるようになります。
また子供のための 数字奏法譜は弾くだけでなく歌詞がついている曲を選曲しているので、弾くことだけではなく一緒に歌いながら、また歌詞からお話を想像してみたり、登場人物はだれかなと考えてみたりと、ピアノを弾くということだけでなく音楽として楽しめるような教材です。


歌枕直美音楽教室 講師 岩城智穂智穂写真85

「子供の数字奏法譜①」 - 2020.05.06 Wed

200505-01.jpg


数字奏法譜は子供さんのレッスンでも活用しています。子供さんの教材は左手の色は塗っておらず、講師と一緒に確認しながら塗っていきます。また数字奏法譜の周りにはかわいいイラストも入っていて、子供さんに自由に色を塗ってもらいます。時には動物や虫さんに名前をつけて、音の高さを変えたり、優しく弾いたり強く弾いたりして、想像力を膨らまして弾きます。ピアノを弾くことだけでなく色を塗ることも大事なことで、ピアノを弾くのがとてもゆっくりで表現が苦手な子供さんでも、色塗りが得意で独特の感覚をお持ちの子供さんもいらっしゃいます。さまざまな角度からレッスンができ、講師にもたくさんの気づきを与えてくれる教材です。

歌枕直美音楽教室 講師 岩城智穂智穂写真85

歌枕主宰の月1メッセージ 〜番外編〜 - 2020.05.01 Fri

先週、姫路にお住まいの生徒様 伊藤紘一郎さんより、心に響くお手紙をいただきました。今回は番外編として、伊藤さんをご紹介をさせていただきたいと思います。

伊藤さんは、私のオリジナル作品「やまとうたを、74歳からい続けてくださっており、一昨年80歳を迎えられ、「八十路の青春 80歳記念リサイタル開催されました。2年前からリサイタルの準備をされましたが、1ヶ月後に本番という時期に、食道癌がみつかり声帯も併せてとる手術をしないといけないのではないかという、衝撃的なことがおこりました。その後、「死という問題に直面され、また生き甲斐であるうことができなくなるということなど、様々な思いめぐらされましたが、「闘病生活でではなく、残された人生・時間をどう生きるのかを選択され、治療をせずに運命に任せ、残された時間に感謝して毎日を大切に生きるという考えに切り替えられました。リサイタルでは伊藤さんの人生を感じるコンサートとして、感動的にい上げられました。それから1年半、声にますます磨きをかけられ、「発表会」「アンディー・ムジークコンサート」「紘美の宴コンサート」などでい続けてくださっています。

伊藤さんよりのお手紙の一部を要約し、ご紹介させていただきます。
3月20日「アンディー・ムジークコンサート」では、皆様のお陰で大感動をいただきました。枕先生の全般にわたっての演出のすばらしさ、出演者ごとのエピソードの挿入など、日頃からそれぞれの生徒さん毎に深く拘っておられるかが判り、改めて感動いたします。その後、自粛化となり、歌う機会のない日々は本当に淋しいです。一応自主練習をしていますが、コンサート出演やレッスン日など日程の定まった目標がないと力が入りません。今頃になって、先生から与えていただいたしんどいテーマの有難さ、たっぷり感謝しています。そしてみなさんとお話しできる茶論の雰囲気、こんな楽しい所はないと、しみじみ懐かしんでおります。でもやはり今回のコロナ自粛は辛いです。与えられた時間、日々を有効に、充実感あるように使いたい、声の出るうちにしっかり歌をうたいたい、会いたい人、行きたい所へ行っておきたい。病気になってようやく気付いた思いですが、今回のコロナ環境も心穏やかに受け止めざるをえないでしょう。みなさんに一日も早くお会いできる日を待っております。

“音楽を友として”生きておられ、私たちの教室のあり方を深く理解してくださっていて、本当に有難く嬉しいお便りでした。


歌枕直美音楽教室 主宰 歌枕直美 utamakura_Profile_piano-3.jpg

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

歌枕直美音楽教室

Author:歌枕直美音楽教室
-芸術に感謝する-
音楽は生涯の友になります。音楽は生き方そのものにつながり、支えとなる力も持っていると信じています。

リンク

このブログをリンクに追加する

最新記事

カテゴリ

発表会レポート (95)
主宰 歌枕直美エッセイ (11)
未分類 (131)
教材・講師セミナー (34)
レッスンレポート (115)
徒然 (191)
コンサート関連 (63)
うたまくらピアノ工房〜子供レッスン (10)
生徒さん紹介 (16)
ヴォイスレッスン (17)
和歌劇 (2)
高槻宮野教室 (1)
発表会 (13)
20年の成果 (3)
ハッピーマンデーコンサート (6)
教室主任の徒然日記 (29)
アンディームジークコンサート (4)
講師コンサート (10)
コンサートレポート (2)
紘美の宴コンサート (2)
歌枕直美主宰の月1メッセージ (10)
教材紹介 (13)
ビューティフルハーモニーコンサート (1)
レッスン (1)
生徒様ご紹介 (1)

最新コメント

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

最新トラックバック

FC2カウンター