FC2ブログ
topimage

「教室主任の徒然日記~その28~」 - 2020.01.07 Tue

200107-01.jpg


ピアノ工房には世界のさまざまな時代の個性あるピアノたちがいます。レッスン室で使用しているピアノもそのような個性ピアノです。レッスンに来ている子供たちも普通ではなかなか出会えない特別なピアノでレッスンを受けています。レッスンだからレッスン用ではなく、普段から特別なピアノに触れることによって、基準となるピアノを自然と高く持ち、また同時にピアノの音色を聴く耳も育てていくという歌枕主宰の思いのもと、レッスン環境を整えています。
ある中学生男の子は、お母様が自分の気に入ったピアノを持ちたいと長年思われ、ピアノ工房にあったフランスのエラールというピアノに出会い購入されました。そしてその男の子が茶論にあるドイツのベヒシュタインを弾いた時に、エラールと全く違う音色で驚いていました。また歌枕主宰のレッスンを受けた時、イタリアのタローネを弾き、このピアノもエラール、ベヒシュタインとも違う音色で、こんなにも音色や個性が違うピアノがたくさんあるのかということにさらに驚いていました。
普段の生活の中に特別な環境を普通の環境としてることで、基準のあり方が変わり、音色の感じ方も変わってきます。日常のあり方が如何に大事かを感じます。


歌枕直美音楽教室 講師 岩城智穂智穂写真85

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://pianokyousitu.blog87.fc2.com/tb.php/766-4b4efacd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

「歌枕直美音楽教室 新春発表会 報告」 «  | BLOG TOP |  » 歌枕主宰の月1メッセージvol.3 記紀・万葉「やまとうた」

プロフィール

歌枕直美音楽教室

Author:歌枕直美音楽教室
-芸術に感謝する-
音楽は生涯の友になります。音楽は生き方そのものにつながり、支えとなる力も持っていると信じています。

リンク

このブログをリンクに追加する

最新記事

カテゴリ

発表会レポート (95)
主宰 歌枕直美エッセイ (11)
未分類 (130)
教材・講師セミナー (34)
レッスンレポート (115)
徒然 (191)
コンサート関連 (63)
うたまくらピアノ工房〜子供レッスン (10)
生徒さん紹介 (16)
ヴォイスレッスン (17)
和歌劇 (2)
高槻宮野教室 (1)
発表会 (12)
20年の成果 (3)
ハッピーマンデーコンサート (6)
教室主任の徒然日記 (29)
アンディームジークコンサート (3)
講師コンサート (6)
コンサートレポート (2)
紘美の宴コンサート (1)
歌枕直美主宰の月1メッセージ (4)
教材紹介 (1)

最新コメント

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

最新トラックバック

FC2カウンター