FC2ブログ
topimage

「時代を語るピアノの響きコンサート 報告」 - 2020.02.11 Tue

200211-02.jpg


2月9日(日)、10日(月)にうたまくらピアノ工房・夢工房・茶論において、「時代を語るピアノの響きコンサート」が開催されました。うたまくらピアノ工房に並ぶ個性豊かピアノを中心に、ピアノができる前の時代に活躍していた鍵盤楽器の演奏、またお話も交えてご紹介するコンサートです。教室の生徒様、ピアノ調律に行かせてていただいているお客様、ピアノ技術者の方、ピアニスト、ピアノ愛好家の方など、さまざまな形で音楽と関わられている方々にご参加いただきました。

200211-03.jpg


歌枕主宰よりうたまくらピアノ工房が誕生するまでのお話と、ピアノ技術者荒木との出会いをお話があり、ピアノ工房にある個性豊かなピアノ、そしてフォルテピアノチェンバロを連弾、2台での演奏、そして荒木もパーカッションで参加し、1台ずつの個性を生かし、また新たな発見もある演奏でした。
次に歌枕主宰の社長室である夢工房に移動し、歌枕主宰所有の幻の名器タローネの演奏が蝋燭の灯りもとありました。演奏の際、数名のお客様にピアノの下に潜っていただき、演奏を聴いていただきました。演奏後お客様から「ピアノの音のシャワーを浴びているようで、音が多角的に聴こえて他にはない体験でした」とご感想をいただきました。

200211-04.jpg


最後にうたまくらの奥の院、茶論へご移動していただき、クラヴィコードのご紹介。そして今回初めての試みとして、クラヴィコードの響版に特別なマイクを装着し、音色を録音した音源と、うたまくらピアノ工房ができる出会いとなったべヒシュタイン パリッサンダーとの演奏。最後にべヒシュタイン パリッサンダーの伴奏で歌枕主宰がヴォカリーズでい、心に深く響くコンサートとなりました。さまざまな年代のピアノ、そして歴史的鍵盤楽器の個性に合わせ歌枕主宰が曲を選曲、アレンジされ、まるでその楽器と会話しているかのような演奏でした。また楽器を製作された職人の魂を現代に伝え、その音の響きを最大限に生かし、別世界へと誘う特別なコンサートとなりました。

歌枕直美音楽教室 講師 岩城智穂智穂写真85

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://pianokyousitu.blog87.fc2.com/tb.php/772-f86af336
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

「歌枕直美音楽教室 新春発表会~学生の部~」 «  | BLOG TOP |  » 「歌枕直美音楽教室 新春発表会〜うたまくらピアノ工房合唱団〜」

プロフィール

歌枕直美音楽教室

Author:歌枕直美音楽教室
-芸術に感謝する-
音楽は生涯の友になります。音楽は生き方そのものにつながり、支えとなる力も持っていると信じています。

リンク

このブログをリンクに追加する

最新記事

カテゴリ

発表会レポート (95)
主宰 歌枕直美エッセイ (11)
未分類 (130)
教材・講師セミナー (34)
レッスンレポート (115)
徒然 (191)
コンサート関連 (63)
うたまくらピアノ工房〜子供レッスン (10)
生徒さん紹介 (16)
ヴォイスレッスン (17)
和歌劇 (2)
高槻宮野教室 (1)
発表会 (12)
20年の成果 (3)
ハッピーマンデーコンサート (6)
教室主任の徒然日記 (29)
アンディームジークコンサート (3)
講師コンサート (6)
コンサートレポート (2)
紘美の宴コンサート (1)
歌枕直美主宰の月1メッセージ (4)
教材紹介 (1)

最新コメント

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

最新トラックバック

FC2カウンター