FC2ブログ
topimage

「歌枕主宰が思い描いたピアノ環境 その9」 - 2021.08.17 Tue

210817-01.jpg 210817-02.jpg


新しいコンサートとして、6月に開催されたのが『ベヒシュタインコンサート』です。このコンサートは、うたまくら茶論に鎮座している1889年製ベヒシュタイン パリサンダーの音色を感じていただきながら、生徒様と講師に演奏いただくコンサートです。難しい曲のたくさんの音を上手に弾くという技術面を重視するのではなく、ピアノと対話しながら向き合い、1音1音を丁寧に心を込めた演奏を大切にしたコンサートです。演奏いただく方は本番までにベヒシュタインでの歌枕主宰レッスンを受講していただきます。その際に、ピアノ音色をどのように奏でるか、ピアノと対話をし音色を聴くことの大切さをお伝えいただきました。1人ずつが音色を意識し、ベヒシュタインと対話しながら弾く、気持ちを込めることで、ピアノ音色も立ってきました。
ベヒシュタインコンサートでは、生徒様と講師だけでなく、歌枕主宰ピアノと歌の演奏もあり、また歌枕主宰が思い描き、実際に形にしてきた世界観、そして音楽のあり方など、ベヒシュタイン音色に通じる普段には出てこない奥深いお話もありました。そして30年前には分からなくても、今になれば分かること、目の前の答えがすぐに出ることだけではない世界を歩んで来られたこと、ピアノ技術者荒木との出会いなど、歌枕直美音楽教室うたまくら社の30年を振り返り、次の世界に繋がる真髄を感じ、また感性が共鳴し合う奥深いものです。

210817-03.jpg


歌枕直美音楽教室 講師 岩城智穂智穂写真85

「歌枕主宰が思い描いたピアノ環境 その8」 - 2021.08.10 Tue

210810-01.jpg 210810-02.jpeg


うたまくらピアノ工房では半年に1回、「時代を語るピアノの響きコンサート」を開催しています。うたまくらピアノ工房には100年以上の歴史があるものや、現在は製造ていないピアノたちがあります。このようなピアノをお話を交えて音色を聴いていただきます。またピアノができる前の鍵盤楽器であるクラヴィコード・チェンバロ・フォルテピアノのような歴史的鍵盤楽器の演奏もあり、まさしく鍵盤楽器の歴史を体験し、その音色に触れることができます。
歌枕主宰が音色に合う曲目をピアノごとに選曲され、その時代背景やピアノの特徴をピアノ技術者 荒木欣一と共にお話をしながら紹介します。近頃では電気で音が鳴るピアノさえもピアノに含まれてしまうようになり、よりこのような生きた音色を聴いていただくことに価値があります。ピアノ1台ずつ作られた年代、時代が違いますが、ピアノの音色はこれほどまでに生き生きとし、個性が豊かなのかと思うほどその音色は鮮やかです。またコンサートの最後には必ず、うたまくら茶論に鎮座している1889年製ベヒシュタイン パリッサンダーの演奏があり、蝋燭の灯りのもと、ピアノの音色が響き渡り、心にしみる演奏はピアノを作った職人の魂を感じ、日常生活とは違う感性が研ぎ澄まされ、琴線に触れます。楽器・演奏者・技術者の三位一体となった究極のピアノの音色が表現されています。


歌枕直美音楽教室 講師 岩城智穂智穂写真85

「歌枕主宰が思い描いたピアノ環境 その7」 - 2021.08.03 Tue

210803-01.jpg


歌枕主宰は音楽のあり方、表現すること、ピアノ環境など、さまざまな面において他では作り上げにくい世界を独自の世界として築いてこられました。歌枕主宰のあり方や、その意味合いを理解し、応援してくださる方の中に埼玉在住の一條敏明さんがいらっしゃいます。一條さんはピアノ専門家であり、日本では珍しいピアノを探し出し、その音色を求めておられる方に橋渡しをされており、うたまくらピアノ工房にも珍しいピアノ修理をご紹介くださり、20年にもわたるご縁です。一條さんが探し出されるピアノは、日本ではあまり知られていないようなメーカーで、修理も特別な技術が必要となるものが多いです。しかし、歌枕主宰のピアノの魅力を引き出す感性と表現力、また規格外の修理が起きても柔軟な発想力と今までの経験値をいかして修理をやり遂げるピアノ技術荒木技術力を誰よりも理解してくださっています。そしてそのようなピアノは独特の音色、雰囲気があります。ただピアノを弾くだけの方には『弾きにくい、難しいピアノ』と捉えられてしまうぐらい、個性のあるピアノですが、自分だけのピアノの音色、感性が響きあう音色を求めているような方には世界に一台、運命のピアノとなる出会いを紡いでくださっています。ピアノの究極の音色、その感性が通じ合った方です。


歌枕直美音楽教室 講師 岩城智穂智穂写真85

「歌枕直美音楽教室 夏の発表会 総集編」 - 2021.07.27 Tue

210727-01.jpg 210727-02.jpg 210727-10.jpg

210727-04.jpg 210727-05.jpg


7月22日(木・祝)にうたまくら茶論において、3日間4回わたる夏の発表会の4回目の部が開催されました。初めてご出演くださる子供さんをはじめ86歳の方まで、年齢差81歳のさまざまな年齢層の方がご出演くださいました。年長さんの初めてご出演くださった子供さんは緊張しながらも、皆さんの前でしっかりと演奏でき、発表会という集中力の高いところで、皆さんの演奏も聴くことができました。少し年上のお兄さんやお姉さんの演奏、そして大人の方の初めて聴く曲の演奏など、いろんな世代の方がご出演くださるので、ジャンル・時代を越えた多彩な演奏が続きました。
やまとうたコーナーは、歌枕主宰オリジナルのやまとうたを生徒様と講師が演奏しますが、演奏してくださる方の個性がいき、その方のとなっており、豊かな世界観が広がりました。

210727-06.jpg 210727-07.jpg 210727-08.jpg


今回の発表会では初めてご出演くださる子供さん、久しぶりにご出演くださった大人の方など、さまざまな年齢層の方が演奏してくださり、豊かな時間となりました。歌枕主宰が長年志してきた「聴く姿勢」というのが浸透してき、暖かな眼差しで聴いてくださることで、演奏する方の気持ちが緊張しながらも、落ち着いて演奏でき、とても集中力の高い発表会となりました。

歌枕直美音楽教室 講師 岩城智穂智穂写真85

「歌枕直美音楽教室 夏の発表会」 - 2021.07.20 Tue

210720-01.jpg 210720-02.jpg 210720-03.jpg

210720-04.jpg 210720-05.jpg 210720-06.jpg


7月15日(木)、18日(日)に歌枕直美音楽教室 夏の発表会がうたまくら茶論にて、開催されました。15日の部は平日ということもあり、大人の方を中心にご出演いただき、久しぶりのご出演の方もいらっしゃいました。今回も司会は歌枕主宰がつとめられ、演奏前には演奏くださる方をご紹介され、またその方のお人柄が伺える話をトーク形式でお話しくださり、緊張されている中でもとても和やかな雰囲気で演奏くださいました。ピアノ・歌の演奏だけでなく、この部ではホルンの演奏もありました。金管楽器は音がでかくうるさそうなイメージがありましたが、とても優しい音色が響き渡っていました。
18日は午前と午後の2回にわけて開催され、午前の部は教室最高齢87歳の方がご出演され、ピアノと歌と演奏くださり、年齢を重ねるごとに演奏にパワーが溢れ、生き生きとした演奏をしてくださりました。午後の部には年長さんの方から小学生、中学生学生さんから大人の方まで幅広い年齢層の方にご出演いただきました。聴いてくださる方々が優しい眼差しと温かく見守ってくださるので、初めてご出演いただいた子供さんも最後までしっかりと演奏することができました。
そしてやまとうたコーナーは、普段のレッスンや、やまとうたセミナーで練習していることがいき、演奏前のお話から演奏までが曲の情景がよく伝わり、また演奏くださる方の歌として演奏くださり、とても濃厚な発表会となりました。

夏の発表会は最終日22日(木・祝)へと続きます。

歌枕直美音楽教室 講師 岩城智穂智穂写真85

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

歌枕直美音楽教室

Author:歌枕直美音楽教室
-芸術に感謝する-
音楽は生涯の友になります。音楽は生き方そのものにつながり、支えとなる力も持っていると信じています。

リンク

このブログをリンクに追加する

最新記事

カテゴリ

発表会レポート (95)
主宰 歌枕直美エッセイ (11)
未分類 (130)
教材・講師セミナー (34)
レッスンレポート (115)
徒然 (191)
コンサート関連 (63)
うたまくらピアノ工房〜子供レッスン (10)
生徒さん紹介 (16)
ヴォイスレッスン (17)
和歌劇 (2)
高槻宮野教室 (1)
発表会 (21)
20年の成果 (3)
ハッピーマンデーコンサート (6)
教室主任の徒然日記 (29)
アンディームジークコンサート (4)
講師コンサート (17)
コンサートレポート (4)
紘美の宴コンサート (4)
歌枕直美主宰の月1メッセージ (13)
教材紹介 (13)
ビューティフルハーモニーコンサート (2)
レッスン (1)
生徒様ご紹介 (24)
YouTube (1)
報告 (1)
時代を語るピアノの響きコンサート レポート (1)
歌枕主宰が築いた世界 (12)
ベヒシュタインコンサート (1)

最新コメント

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

最新トラックバック

FC2カウンター